ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

タグ:練習 ( 15 ) タグの人気記事


2015年3月22日(日)サイトウピアノ教室発表会開催。

約2年ぶりになります。

おととしは、白鷹のあゆーむホールでやりました。

今回は、みはらしの丘のはらっぱ館です。

Shinonome西塔のピアノ教室にご興味を持たれている方、…どなたでも見学できます。
(先生のことは知っているけど、どんな人たちがどんな演奏するんだろう…)そう思っている人たちも
きっといるはず…。発表会を覗いてみれば、そのヒントになるかもしれません。

2015年 サイトウピアノ教室 「音の葉・言の葉会」(発表会&懇親会)

今年は、7人の生徒さんたちが、日頃の成果をこの発表会に向けて出すべく、また、「本番」という

みなさんの前でパフォーマンスをすることに意欲を燃やしている生徒さん方が、出演されます。


どうぞ、ご興味のある方は、午前11:00までお集まりください。

午前11:10 開会の挨拶 (Shinonome西塔)

午前11:15~午前11:30 ピアノをバックに出演者の集合記念写真の撮影

午前11:30~午後12:30 第一部 「音の葉」ピアノ演奏(発表会)
                  (座る席はみなさん、自由です。)
                  生徒さんの関係者ではない方も、自由にお聴きいただけます。
                  先生との連弾があったり、ピアノソロがあったり、クラシックだけではなく、
                  ディズニー映画主題曲、まらしいの曲(以前TOYOTAのAQUAのCMに
                  使われていた曲)があったり、下は年中さんから、上は高校1年生までです。
                  今年は大人の方は発表されませんが、ついこの前、当教室に入会されました。
                  これから大人の方々も「ピ・ア・ノ・」の時代ですよ!

                  生徒さんたちの発表が終わったら、私の講評とデモ演奏です。
                  ここで、「音の葉」(発表会)は終わりです。
午後12:30~午後12:45 会場模様替え…サンドウィッチパーティーの準備に入ります。
                  生徒さんの関係者でない方でもサンドウィッチ代¥300(お一人)私にお支払い
                  いただければ、参加可能になっております。

午後12:45~午後14:00 第二部「言の葉」サンドウィッチパーティー(飲み物付き)
                  発表された生徒さんに感想を聞いたり、また、普段先生にできない質問を
                  してみたり、(例えば、先生はどうやってピアノの先生になったのですか?)とか
                  おもしろい質問をお待ちしております。まだ、当ピアノ教室の生徒さんではない
                  親御さんの素朴な疑問にもお答えしたいな…と思っておりますので、どうぞ、
                  お気軽にご参加ください。

午後14:00 閉会の言葉 Shinonome西塔

これで、催しは終わりとなります。(個人的に、私にご相談なさりたい方…どうぞ、この終焉後、私を捕まえて、

(笑)いろいろ聞き出して情報を得てくださいね!!o(^▽^)o)あなたのご参加をお待ちしております。

☆彡
[PR]

by shinonome-saitoh | 2015-03-12 07:25 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

山形交響楽団の井戸さん(ヴィオラ)と合わせをしました。

昨日の午前中、「はらっぱ館ティータイムコンサートvol.5」

(2015年4月19日 10:30開場 11:00開演~12:00終演予定)の本番のための

「合わせ」をしました。このコンサートは珈琲1杯¥250、ソフトドリンク1杯¥200で聴ける

画期的なクラシックコンサートです。「生」の「プロ」によるコンサートをお茶1杯で聴ける

大変贅沢な催しとなっております。

また、はらっぱ館には、キッズルームがあり、お子さんと一緒になって音楽を楽しむことができ、

お子さんの情操の発達にも寄与しております。

特に、今回の井戸さんは、お子さんが大好きで、「キッズルームと演奏会会場の仕切りをとっぱらって

しまいましょう!!」とおっしゃって、特にお子さんにこのコンサートを聴いてもらいたい意欲満々であります。

どうぞ、お気軽にお越し下さい。キッズルームでお聴きになる場合、特にお飲み物を注文する必要は

ございませんので、お子さんと一緒に体全体で音楽を感じていただきたいと思っております。


話は、宣伝に流れてしまいましたが、戻して…、さて、そのコンサートのための合わせです。

昨日が初回となりました。

山響のヴィオラ奏者「井戸健治さん」…こんな方です。

d0159273_551840.jpg


とてもお優しそうでしょう!?…優しんです!!穏やかで物静か。

ピアノ伴奏を助言してくださる時も、丁寧な物腰で。(´∀`)

みなさん、「ヴィオラ」っていう楽器ご存知ですか!?

こんな楽器です。

d0159273_555481.jpg


d0159273_5563040.jpg


まるで見た目はヴァイオリン。でも、大きさがちょっとヴァイオリンよりひとまわり大きいです。

音もヴァイオリンより低い音が出ます。今日、合わせをしたときは、ヴィオラの「芯の強さ」

みたいなものを感じました。話題にはならなかったけど、多分、いい楽器なんだろうなぁ…。

チラシはもう少しで完成です。主に、「さ蔵」と「アランフェス(上町かな…)」に置かせていただく予定です。

あと、私のうちに何枚かと、親戚と。井戸さんもおそらく宣伝してくれると思います。


どうか、コンサートをみなさん、楽しみにしていてください。(^O^)
[PR]

by shinonome-saitoh | 2015-03-11 06:12 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

山形市女声合唱祭、その他を終えてホッと一息。

2012年10月7日(日)、午後1時から、「第34回 山形市女声合唱祭」の本番が

山形市民会館にてありました。

私がいつも伴奏させていただいている、「ポプラ合唱団」も出演しました。

ポプラ合唱団は、6番目のステージで、「琵琶湖周航の歌」作詞小口太郎 作曲小口太郎 編曲寺島尚彦、

「赤い花・白い花」作詞中林ミエ 作曲中林ミエ 編曲寺島尚彦 を歌いました。

私たちの合唱団はメンバーこそ一番少ないのですが、周りの人達の反応では、「人数の少なさを感じさせない

音量だった」とか、「ひとりひとりが、みんなちゃんと声を出した演奏だった」との感想がよく聞かれました。

私自身の伴奏も、今までの舞台の中で一番良く演奏できたんじゃないか、と思えるくらいの出来でした。

大満足です。

d0159273_1573223.jpg


ブログを見てくれているみなさん、私たちポプラ合唱団で歌いませんか!?

私たちのポプラ合唱団は、和音の響きの綺麗さを追求している、また、日本語の発音に

心を留めている合唱団です。こういった、発表の場で、いろいろな合唱団の個性を聴き比べをしてみると、

うちの合唱団では、「あっ、なるほど!!」「そういえば、そんな違いがあるな!!」と認識して

いただけるかと思います。是非、一度見学にいらっしゃってみてください。

山形市霞城公民館で毎週木曜日、夜7時から練習をしておりますので、どうぞ、気軽に立ち寄って

みてくださいね!私に問合せをしていただいてもけっこうです。メールアドレスは、

masa700705@yahoo.co.jp

です。

さて、10月10日は、山形市中央公民館で、「男のためのヨガ」が行われました。

先日のイワン・ドンチェフさんのピアノマスタークラスでは、イワンさんに、

「どんな困難なことをレッスンで表現しなければならないとしても、体を硬くしないで、

芯の強さを備えてそれをやりきるだけのパワーが必要だ、そのためにも、ヨガを実践することを

強くお勧めする。」とおっしゃっていただきました。僕には衝撃のレッスンでしたが、

あれから、ヨガに大変興味を持っていました。

ついにヨガを体験してきました。

ヨガは女性でやる方がほとんどらしいので、まずは、恥ずかしくないように男性のためのヨガ教室が

1回オンリーで開催されるということで、僕のような初めての人間にはうってつけでした。

体験すると、ヨガってちゃんとした理論があるんですね!!最初から「やってみっましょう」じゃなくて、

まずは、ホワイトボードに何枚か紙を貼り付けて、ヨガに関する知識を入れました。

(あまり時間がなかったので端折る感じでしたが、それでも、「あ〜、ちゃんと理屈があるんだなぁ」と

感心。)

それから実践へといきましたが、まずは、ヨガの入門から…ということで、いきなりあの「ヨガらしい

ポーズ」からではありませんでした。

しかし、先生のご指導がしっかりしていたため、怪我もなくしっかり体験させていただきました。

来月には僕は、ヨガ教室に通っているかもしれないです。

10月10日のうちの庭の花です。

d0159273_15361147.jpg
d0159273_15363540.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-10-11 15:38 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

昨日は、フルーティスト小林さんとの合わせ3回目でした。

昨日は、午前中、フルート奏者小林さんとの「合わせ」3回目でした。

僕が言ったとおり、二人とも、コンディションが良くなっていました。

…ただ、僕は風邪の影響で少し咳き込む場面が何度かあり…、

小林さんスミマセン!!

本番中に咳き込まないで済むように、薬もらってきます。

写真1枚目が、「ラ・フォル・ジュルネ新潟」の案内パンフレット。

d0159273_795028.jpg


写真2枚目が、昼食用にお出しした、冷やし中華とピザ。

d0159273_7112481.jpg


僕の母親が作ってくれました。

(ピザはオーブンで解凍)。

味…けっこういけてましたよ!!

「合わせ」もそんなに何度もやり直すようなことも無く…。(#^.^#)

本番が楽しみです。

出演時間がちょっと変更になりました。

16:10~16:50です。

パンフレット見ていただければわかりますが、

「門前音楽市 まちなか交流ステージ 4月28日(土) 7番町 16:10~16:50

 シノノメサイトウ&コバヤシアキコ Classic (フルートとピアノ)の共演」です。

新潟のみなさん、お近くまでお出での時は、是非、私たちの演奏を聴いていってください。

特にラフマニノフの「ヴォカリーズ」や「ここはすばらしいところ」など、ラフマニノフの名曲をたくさん

やりますし、ピアノソロでは、スクリャービンのあの有名なエチュード「悲劇的」も演奏します。

お楽しみに。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-04-26 07:28 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

ラ・フォル・ジュルネ新潟「まちなか交流ステージ」練習その1

きのうは、一緒に共演の小林朗子(フルーティスト)の方と、1回目の「合わせ」でした。

特にラフマニノフに練習の力が入りました。

ラフマニノフは、声楽曲を2曲フルートで、代奏するので、なかなか、曲の感じを仕上げるのが

難しく、小林さんには、何度も合わせを「強要!?(笑)」してしまいました。

結果的に、全体で、小林さんを疲れさせることになってしまい、申し訳なかったです。

小林さん、ゴメンナサイね!!(^^ゞ

あと、2回、合わせがあります。これで、曲を完璧に(当日の流れを含めて、形作っていくつもりです。)

とてもいいプログラムになりましたよ!!みなさんに、是非聴いてもらいたいな!!

新潟は山形から少し遠いですけどね!!新潟のみなさん、私達、山形から参ります。

どうか、やさしく接してくださいね!!(#^.^#)

練習を終えて、レッスン室をあとにするところを、小林さんが、「パチリ!」

d0159273_135375.jpg


ラ・フォル・ジュルネ新潟のホームページアドレス

http://lfjn.jp/lfjn2012/index.html

曲目、決まりました。

プログラムは、以下の通り。

1.ボロディン:イーゴリ公より「だったん人の踊り」(fl+pf)

2.ラフマニノフ:前奏曲op.3-2「鐘」(pf)

3.スクリャービン:練習曲op8-11「ゆっくりと歌って」(pf)

4.スクリャービン:練習曲op8-12「悲劇的」(pf)

5.ラフマニノフ:前奏曲:op23-6「ゆっくりと」(pf)

6.ラフマニノフ:「ここはすばらしい場所」op21-7(fl+pf)

7.ラフマニノフ:「ヴォカリーズ」op34-14(fl+pf)

8.ピアソラ:「ノニーノ」(fl+pf)

9.ピアソラ:{孤独の歳月」(fl+pf)

以上です。プログラムの流れがとてもいいのではないか…と思っております。

新潟で音を出せるのが、楽しみです。約40分間のステージ演奏となります。ピアノは電子ピアノです。

本番の日時…4月28日(土) 午後4:20~午後5時

場所…新潟市古町通り7番町アーケード特設ステージ(スピーカーで音を拾います)。


みなさん、よろしくおねがいします。"^_^"

わきあいあいと、「合わせ」の方は進んでおります。

では、また、小林さん、来週の水曜日、練習しましょう!!(^^♪

p.s.小林さんは、この前の週末、イタリア文化会館にも行かれたようです。
僕はまだ行ったことがありません。写真を撮ってきてくれました。
d0159273_2524137.jpg

とてもモダンな建物ですね。早く僕も行ってみたいです。
そういえば、僕のイタリア名曲で大好きな「caruso」(カルーソー)という曲を張ります。
聴いてみてください。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-04-12 02:23 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

ラ・フォル・ジュルネ新潟「まちなか交流ステージ」出演決定!

2012年4月28日(土)、16:20~17:00に、

新潟で行われる「ラ・フォル・ジュルネ新潟2012」の

古町7番町「まちなか交流ステージ」一般出演者募集に応募したところ、

審査をパスし、出演が決定いたしました。

アーケードのある商店街に特設ステージを設けて、

集まった人たちに音楽をプレゼントする企画です。

僕は、フルーティストの小林朗子さんと組んで、ラフマニノフやスクリャービンの曲(そのほかいろいろ)を

演奏します。

新潟での演奏は初めてになるので、今から、ワクワクしています。

お時間ある方、是非いらしてください。恐らく立ち見になるかと思いますが、入場無料の

ストリートパフォーマンスです。

当日は、電子ピアノと生フルートで、スピーカーを通しての演奏となります。

トリを飾るべく、クラシックの名曲をたくさんお聴かせします。

今日は、その曲目の打ち合わせ(2回目)をやりました。

フルーティストの小林さん。やさしい笑顔がとても魅力的です。

d0159273_14121529.jpg


そして、僕…、おなかがかなり、ヤ、ヤバイ!!(^_^;)

d0159273_385574.jpg


今日、家で出した、パスタ(カルボナーラ)。脇に、小林さんのフルートも…!!

d0159273_3101467.jpg


今日は、朝10:00集合だったんですが、終わってみれば、午後2:00くらいだったのかな!?

でも、それだけ、内容の濃い話がたくさんできて、また、曲目もすばらしい内容になったし、

ピアノとフルートで「あわせ」をしながらの曲目決めは、サイコーに楽しかったです。

今度、みなさんにお知らせする時は、全プログラムを公表できると思います。

みなさん、楽しみに待っていてくださいね!!
[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-04-03 03:18 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

トリオ・リサイタルの1回目合わせ

昨日の午前中は、真下祐子さんと鈴木集君を呼んで、家で、

トリオ・リサイタルの「合わせ」の練習をしました。

d0159273_3325954.jpg


時間の都合もあって、まだ「合わせ」をしていない曲を集中して合わせました。

あっ、そうそう、まだ、トリオ・リサイタルのプログラムを皆さんにお知らせしていませんでしたね。

以下がプログラムです。

ふるさピアノと声楽のトリオ・リサイタル
と山形発信、絵巻のようなクラシックコンサート
プログラム

1、バッハ=マルチェッロ:マルチェッロのアダージョ(ピアノ独奏)
2、ヘンデル:オペラ「エジプトのジューリオ・チェーザレHWV17」より
     2重唱「愛しい方!」「美しい人」(ソプラノとバリトンのデュオ)
3、ヘンデル:オン ブラ マイ フ(バリトン独唱)
4、ヘンデル:私を泣かせてください(ソプラノ独唱)
5、小林秀雄:落葉松 (バリトン独唱)
6、山田耕作:待ちぼうけ

         休憩
7、(思案中)武満徹=寺嶋陸也編曲:死んだ男の残したものは
                   (ソプラノとバリトンのデュオ)
8、リスト:3つの演奏会用練習曲より「ため息」(ピアノ独奏)
9、ヴェルディ:オペラ「椿姫」よりヴィオレッタのアリア
        そは彼の人か (ソプラノ独唱)
10、ヴェルディ:オペラ「椿姫」よりジェルモンのアリア
         プロヴァンスの海と陸(バリトン独唱)
11、ヴェルディ:オペラ「椿姫」よりヴィオレッタとジェルモンの2重唱
         天使のように清らかな娘が(ソプラノとバリトン)

         アンコール
1、皆さんで一緒に「千の風になって」を歌いましょう。
2、カッチーニ:アヴェ・マリア(ソプラノとバリトンのデュオ)
3、故郷(ふるさと)を皆さんで最後に歌ってお別れです。

「死んだ男の残したものは」は合唱曲としてとても有名です。

僕としてはやりたいのですが、プログラム最後のヴェルディ:「天使のように清らかな娘が」が、

とても長いので、やるかどうか、まだ決まってません。

昨日の練習では、ヘンデルの「オン・ブラ・マイ・フ」と「私を泣かせてください」、

ヴェルディの3曲で時間がきてしまいました。

ヴェルディの最後の1曲、2重唱「天使のように清らかな娘が」は、

曲をどこからやるか、3人で悩んだ末、最後の派手な終わり方をする部分を取り入れ、

前半のレチタティーヴォはカットすることにしました。

アンコールでの「皆さんで歌いましょう」のコーナーは、僕が楽しみにしている部分でもあります。

プログラムに歌詞カードを挟むので、皆さんで大きな声で歌いましょうね!!

トリオ・リサイタルは、10月22日(土) 開演午後6:30 開場午後6:00

場所は、山形市にある「文翔館議場ホール」で行います。

曲目解説などもトークで行うアットホームな雰囲気になるコンサートです。

是非、みなさん、お越しください。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-09-13 03:56 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

今日は、ポプラ合唱団の伴奏に午前中行ってきました。

ポプラ合唱団は、霞城公民館を練習会場にしている、
女声合唱団です。

いつもは、木曜日の午後7時から練習しておりますが、
今日は、練習日程が変更になりました。

朝10時30分、霞城公民館に行ってみると、太陽の光に輝いて、
紅葉した木々がとてもきれいにみえました。

それで、おもわず、シャッターを押してしまいました。

じっさいは、もっと、艶やかだったのだけれど、…これでも、
近づけて編集したつもりです。
d0159273_1634533.jpg
d0159273_164185.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-11-04 16:05 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

トリオ・リサイタルの合わせ(練習2回目)。

今日は、午前中、トリオ・リサイタルの合わせを
しました。
真下祐子さん(ソプラノ)は、なんだか、朝、車がパンクしたって言って、
いったん、家に戻ってスペアタイヤに履き替えて、30分遅れて、
宮下通君(テノール)は、理由聞き忘れたけど、45分くらい遅れて
到着しました。
今日は、なんという日だろう~、…波動が連動するのでしょうか!?(笑)
いや、良い方に考えたら、息がぴったり(2重唱も3曲するので)なのではないかな!?
僕は、ちょっと一人で喜んでましたね~、(たぶん、このリサイタルは成功するって。)。
写真は遅れて到着後、すぐに撮った一枚。
d0159273_1831746.jpg

二人とも、美男さん、美女さんだから、絵になる~。
二人のソロの伴奏はさほど修正もなく無事通過。(#^.^#)
問題の(笑)、蝶々夫人の「愛の2重唱」…、第1回目の合わせよりは
はるかにマシ(だと自分では思ってる)になりました。
でも、この曲、拍子がころころ変わるので、僕がリズムをとり間違えてたりしたところが
何箇所かあり、修正、で、曲の終わり方も「どうしたらいいかねぇ~」って3人で
悩みましたが、無事解決策が見つかり、ホッと一安心。
アンコールでは、「落葉松」(からまつ)を披露する予定(カッチーニのアヴェマリアもやるけど)
なんだけど、女声合唱のハーモニーを2重唱に変更。…変更してくれたのは、
真下さん。真下さんすご~い。今日、3人で合わせてみたら、素敵に編曲できてました。
すごいな、いいな、…ソロの伴奏も面白いけど、重唱は困難なことがある分(打ち合わせ、
話し合いをしながら、曲の感じを作り上げるんです。)、3人で合わせた時の感動が、
2倍、3倍…になりますね。
今日は、蝶々夫人を伴奏しながら、「なんて素敵な曲なんだろう」と感動してしまいました。
是非、お客さんにもこの素敵な曲を聴いていただきたいので、
是非、はらっぱ館においでください。
詳しいことは、ホームページをご覧ください。
http://letsbb.jp/shinonome
[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-09-27 18:22 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

月曜日に「トリオ・リサイタル」の第一回めの練習を終えて。

d0159273_7495624.jpg
今週月曜日の午前中はトリオ・リサイタルの練習日でした。
3人顔を合わせるのは、久しぶりです。
ソプラノの真下祐子さんと、テノールの宮下通君です。

二人とも家にやってきて、雑談を終えると、早速僕は、
アンコールの話を持ち込みました。どうしても、予定してたアンコール曲が
バランスが良くないと思ってたからです。

カッチーニのアヴェ・マリアの他、「落葉松」(からまつ)をソプラノとテノールの重唱で
やることにしました。ですが、もともと、楽譜が女声合唱のためのものだったので、
それを、真下さんがメゾとアルトの部分をきれいに入れ込みながらテノールのメロディーに
してくれることになりました。(すごーい!!)真下さん、ありがとね。
お客さんがきっとクラシックマニアばかりじゃないことを想定して、
日本語の曲を1曲入れることにしたんです。

ソプラノとテノールの独唱の曲はあっさりとOKになりましたが、
自分でも自信がなかった「蝶々夫人」の2重唱は、かなり難しかったです。
僕も、あれから、DVDを観たりして、蝶々夫人の勉強をしたのですが、
「これは、難曲だなぁ~。」と感じていました。
案の定、1回で最後まで通すことができずに、二人のアドヴァイスをもらいながら、
伴奏をすすめましたね。
今回のあわせで感じたことは、DVDや自分で練習してても、いざ、となりで二人の声が
聴こえると、ピアノと旋律が二つ聴こえる…という今まで経験したことのない感覚に
さらされる為、耳がついていかないんですね。
かなり動揺しました。次の練習日までまだ時間が有るので、練習の仕方を変えていきたいと
思います。
まずは、お疲れ様でした。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-09-16 07:51 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事