ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


「あっぷる」さんでのクラシック音楽の夕べが終わりその2

ペンション「木いちご」さんから帰ってきて、リハーサルを終えた私たち(ソプラノ真下祐子さん、

テノール宮下通君、ピアノの私)は、本番に臨みました。

「あっぷる」さんのご主人にカメラでの撮影をお願いし、一曲一曲、曲目の解説を口頭でし、

みなさんにより、その曲の良さや聴くポイントをわかりやすくしたつもりです。

そして、曲目解説同様、一曲一曲を丁寧に演奏したのでした。

以下の写真はいろんな表情をしたり、多少動きをつけての演奏となりました。

d0159273_1311888.jpg


d0159273_1314959.jpg


d0159273_1322040.jpg


d0159273_133370.jpg


d0159273_1333422.jpg


d0159273_134675.jpg


d0159273_134506.jpg


d0159273_1352211.jpg


d0159273_136538.jpg


d0159273_1365318.jpg


d0159273_1373463.jpg


d0159273_1381131.jpg


d0159273_139380.jpg


お客さまの様子…

d0159273_13101542.jpg


d0159273_13115724.jpg


最後にみなさんで、「里の秋」を歌いました。なんだか、みなさんおおらかになられ、

開放的になったのか、大きな声で発散して歌っていただいたように感じました。

とても、あかるい「里の秋」で、心が軽やかになって終わることができました。

d0159273_13153028.jpg


お客様とお別れするときに、口々に「また、来年もやってね!!」とおっしゃっていただいたことが、

印象深く、また、ありがたいことだなぁ…と感じて、翌朝、ペンション「あっぷる」さんを後にしたのでした。

m(_ _)mヽ(*´∀`)ノ。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2015-09-06 13:19 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

「あっぷる」さんでの「クラシック音楽の夕べ」が終わり…。

2015年9月5日(土)16:00~17:00に開かれた

「蔵王ペンション あっぷる で聴くクラシックコンサートの夕べ」の模様をお伝えします。

ペンション「あっぷる」さんの秋の庭の4カット。☆彡

d0159273_12415522.jpg


d0159273_12425164.jpg


d0159273_12432481.jpg


d0159273_1244332.jpg


午前中はピアノの調律を三浦邦明さんにやっていただきました。連日の雨模様でピアノの「木」が膨らみ

かなりピッチが上がっており、除湿機を稼働したもののなかなか落ち着かず、大変ご苦労されている

ようでした。仕上がった調律も、やはり、鍵盤が重く感じ「木が水分を吸っているため」いつもと違う楽器

のようなフィーリングに驚いてしまいました。調律を仕上げていただいている間、私は、腹ごしらえに

同じペンション村のペンション「木いちご」さんに顔を出し、パスタが食べたかったので「自家製ベーコンと

玉ねぎのトマトソースパスタ(サラダ・スープ付き)」を注文しました。

d0159273_1245621.jpg


d0159273_12454928.jpg


d0159273_12462921.jpg


d0159273_1247955.jpg


食事の途中、窓の外を覗くと、大きなナナカマドの木があり、紅葉しかかって、赤い実もなっていました。

d0159273_1249252.jpg


d0159273_12495889.jpg


その2へ続く。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2015-09-06 12:51 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事

ペンション「あっぷる」で聴くクラシック音楽の夕べのお誘い

来る、2015年9月5日(土)16:00~17:00、(開場15:30)蔵王ペンション村「あっぷる」さんで、

声楽とピアノによるクラシックコンサートを開催いたします。

コンサートメンバーは、ソプラノの真下祐子さん、テノールの宮下 通君、ピアニストの私(Shinonome西塔)

でお送りします。先日、8月31日に3人による最後の「合わせ」をし、本番への手応えを感じているところです。

d0159273_6302881.jpg


真下さんも宮下君も、山形オペラ協会に所属する脂の乗ってきた今、一番ノリノリの若者です。

きっと、本番でも艶やかで迫力のある演奏を聴かせてくれるでしょう。

プログラムは次のとおりです。


1 カッチーニ:アヴェ・マリア(ソプラノとテノールの二重唱)

2 ルイージ・デンザ:フニクリ・フニクラ(テノール独唱)

3 久石譲:Stand Alone(ソプラノ独唱)

4 プッチーニ:ドレッタの夢の歌(ソプラノ独唱)

5 ヴェルディ:歌劇「リゴレット」から「女心の歌」

6 スクリャービン:12のエチュードOp.8から 第11番 アンダンテ・カンタービレ(ピアノ独奏)

7 スクリャービン:12のエチュードOp.8から 第12番 悲劇的、悲愴(ピアノ独奏)

8 プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」からマダムバタフライとピンカートンの二重唱(ソプラノとテノール)

以上です。…アンコールで何を歌うかはお楽しみ…です。また、最後にみなさんで「里の秋」を歌います。

プログラムと「里の秋」の歌詞カードはこちらでご用意させていただきます。


みなさんで、ゆく夏を惜しみ、来るべき秋を喜びを持って迎えられる…そんなコンサートにしていきましょう!

コンサート代は、¥1000になります。これだけのボリュームのある内容でこの価格は聴かねば損です。

是非、たくさんのペンション「あっぷる」さんへのお申し込みを宜しくお願い申し上げます。

「あっぷる」さんの電話番号は   023-679-2329 です。お席に限りがありますので、

是非、お早目の申し込みをお勧めいたします。

d0159273_6574636.jpg


ペンション村「あっぷる」さんへの地図はホームページに載っております。

参考になさってください。http://www.apple-bgl.com

それでは、よいコンサートになることを祈って…みなさん、「あっぷる」さんで会いましょう!!\(^o^)/
[PR]

by shinonome-saitoh | 2015-09-02 07:02 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事