ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧


昨日はラスクを買ってきました。25日の「僕の半分」の感想

昨日は、山形県観光物産会館に行って、シベールというお菓子メーカーで

爆発的ヒットをした「ラスク」を買いました。

d0159273_1224248.jpg


フツーに販売されてるのではなく、期間限定の「つぶつぶ苺チョコラスク」、

復刻版の「アールグレイ プラス オレンジピール」、

インターネット限定販売の「福耳 シナモンバター」。

それぞれおいしかったけど、やっぱりゴージャスな「つぶつぶ苺チョコラスク」かな。

ホワイトチョコレートに苺のつぶつぶがまぶしてあって、とてもおいしかったです。


みなさんは、12月25日、さんまとSMAPのクリスマス企画をテレビで観ましたか?!

最後の方で、SMAPが新曲「僕の半分」作詞作曲斉藤和義 を歌ったのですが、

とてもいい歌でした。終始一貫して短調のメロディーで、あれは、バラードなのかな。

歌詞もとてもいいですね。

たぶん、YouTubeとかで、上がってると思うので、みなさんも、よければ聴いてみてください。

いつかは、斉藤和義も歌うのかな…槇原のりゆきの「世界に一つだけの花」みたいに。

紅白でも歌うといいな。(^^♪
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-27 12:38 | 談話

こんな素敵な空があるのですねぇ…。

City in Blue

なんだか変なタイトルになってしまいましたが、

僕の素直な感想です。

青色がこんなにも深みがあって、画面のそとにある「宇宙」を予感させる

神秘的な色…。

大胆に「空」をメインに構図をとられたのが、とても良かったと生意気にも

思ってしまいました。写真に関してはド素人の私が言ってはいけませんね。

おゆるしください。

また素敵な写真を心待ちにしています。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-16 06:00 | 談話

古川初穂さんのピアノトリオアルバム「yo・ka・・n・・・」

先日、聴いた東京FMの生ライブ番組「キリンビールグッドライフライブ」、

僕が刺激を受けた楠瀬誠志郎さんの歌声、そして、古川初穂さんのピアノ。


自分へのクリスマスプレゼントだと思って買った古川初穂さんおピアノトリオアルバムが

昨日うちに届いた。


前半は昨日のうちに聴いてしまい、後半は今しがた聴きました。

d0159273_5144187.jpg


d0159273_5153533.jpg


中でも最後の「ドラえもんのうた」と「この道」は、古川さんのピアノソロが目立っている

貴重な曲でした。

弁護とは違うのだけれど、やはり、「生ライブ」と「アルバム」は違っています。


「生ライブ」は人…人間に聴かせているのですね。メッセージ性が強くなるような気がします。

「アルバム」は、読んで字の如し…アルバム…保存された、とか、記念の、とかそういった
意味合いが強くなるような気がします。


僕は、ライブの録音がとても好きです。(それは、みなさんも同じかもしれません。)

ライブを通して、人間味を感じたいからかもしれません。

僕だって、レコーディングとなったら、機械相手に音楽を聴かせるわけですから(笑)、

どうしたって、硬い表情の音楽になってしまうでしょう。


でも、一つ言える事は、この「ドラえもんのうた」にしても「この道」にしても、

古川さんの「音楽が好きだ、心から楽しんでいる」ということが伝わってきたということです。


それから、私達(私)クラシック音楽家にとって、学ぶべきこともありました。

それは、ジャズやポップスをやる人たちは、アンサンブルするメンバーによって、「自分の

楽器の音色から音量からバランスを変幻自在に変えることができる」という点です。

おそらく、直感的にやっていることなんだろうと思われますが、私達クラシック音楽家も、

そのような協調性みたいなもの、をこれからはもっと身につけていかなければならないのではないかなぁ…

(けっこうバランス感覚が無いクラシックのアンサンブルってあふれてる気がします。)

↑お客さんはそういう演奏聴くのはちょっとつらいんじゃないかな!?
人のことよりまずは、自分の襟を正せってことですね。ハイ!!ガンバリマス!!(^^♪
ジャズのようなクラシックって素敵じゃありませんか!?(^_^)
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-16 05:47 | 談話

昨日、中学の時からのお友達が家に遊びに来ました。

昨日、午後から、中学時代に同じ吹奏楽部だったお友達が、

うちに遊びに来ました。

大学が東京だった時も、家に何度か遊びに来たことがある友達です。


その友達から、白菜、大根、りんごなどもらってしまいました。

(気を使わなくていいのにねぇ~。"^_^")


家についてから、何をしゃべったか忘れるくらいいろんな事をしゃべりました。(汗)。


多紀さん←お友達の名前に、ピアノを聴いてもらったりしました。

今の自分のピアノの表現が見当違いかそうでないか、意見をもらいたかったからです。

多紀さんの答えは、「とてもいいと思う、一個一個の音を大切にして弾いてる様子が伝わってくる」

ということでした。

僕の表現は、おかしくないんだ、大丈夫なんだ…安心した瞬間でした。

何でこんなことを書くかというと、よく画家が絵を発表して、自分では「いい絵」だと思っているのに、

周りから評価してもらえない…というようなことがよく起こったりするからです。

もし、評価してもらえないんだとすれば、それはどこからくるものか、探らなければならない、

と思ってました。


でも、僕の音楽は「聴いていて、心地よい」との事。



これから、この「僕の音楽」をひっさげて、どこへでも行って、ピアノを演奏しまくるゾ!!


多紀さんには、今回「やる気」をもらいました。

友達とは、ありがたいものです。

d0159273_13351252.jpg
d0159273_13355522.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-14 13:40 | 談話

今日は、お茶の井ヶ田喜水庵に行ってきました。

今日の午前中は、お茶の井ヶ田(イゲタ)喜水庵 イオン山形南ショッピングモール店に

行ってきました。


僕の中学時代からの友達(女性)が明日、僕んちにに遊びに来るので、

その際出すお菓子を買いに行ったというわけです。


お店に入り、まず、以前から「食べてみたい」と目を付けていた、

「焼モンブラン」(焼き菓子)と「抹茶タルト」(やっぱお茶関係でしょ!)をゲット!


また、しばらく店内を物色していると、お茶のサービスがあり、ホッとひと息!


店内奥まで潜入!(笑)。

「本格かまど焼き パイのひとりごと くるみの餡で包んだ」を買いました。


少しおなかが膨れるタイプのものも用意したほうがよいかなぁ~と思い…、

「海鮮えびからあげ」と「アーモンドパンプキン」(見るからにおいしそう~(笑))を買って修了。


今日買ったものは、画像を添付しようか迷いましたが、しません。

「1回にどんだけ買うの~!?」と思われるのが怖いからです。(笑)


明日は、楽しいひとときになるといいなぁ~。(^^♪


久々だからねぇ、   ピアノでも弾こうかなぁ  明日。(^_^)
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-12 11:58 | 談話

昨日の東京FMキリンビールグッドライフライブを聴いて。

昨日のラジオ生ライブのゲストは、楠瀬誠志郎さんでした。

ヒット曲の数々を歌ってくれましたが、際立って印象に残った曲は、

「僕はどんなに君を好きか君は知らない」という郷ひろみさんに楽曲を提供した

有名な曲です。昨日のライブでは古川初穂さん(男性)がピアノを担当されて、

楠瀬さんと息がピッタリ合ったところを見せてくれました。

僕は、このライブをFMラジオで聴いて、「なんて、音楽を自然に演奏するのだろう。」

それに、とても「感覚的に弾くピアニストだな」と感じました。とても演奏に引き込まれてしまいました。

古川さんの演奏に魅かれて、CDを買ってみることにしました。

古川さんはジャズトリオを組んでいらっしゃるようで、今回はこのジャズトリオのCDを買いました。

古川さんのソロが目立った曲があるといいな…(笑)。

クリスマスあたりにはCDが届きそうです。

僕にとっては、いいクリスマスプレゼントになるでしょう。(^^♪

「いい刺激をいっぱい受けるから。」(#^.^#)
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-11 06:48 | 談話

昨日のNHKEテレ「グランジュテ」チェン・ミンを観て。

久しぶりの更新です。

今日は、久しぶりの「画像ナシ」の投稿です。

昨日、夜遅くに、NHKEテレで、「グランジュテ」という番組を

やっていました。僕自身は観るのが初めてだったのですが、

「二胡奏者 チェン・ミン(42歳)}の人生を振り返りながらの、

「ポリシー」や「現在の活動を追う」といった内容でした。

チェン・ミンの音楽は、あたたかい、人を包み込むような優しさを持った音楽…といった

ナレーション通り、とても優しい音色で、人に癒しを与えてくれるような、そんな音(音楽)でした。

僕も、「そんな音楽をかなでられるようになりたい…」そう思って、まず、YouTubeから、チェン・ミンの

音を拾ってみました。CDを買うのもいいな、と思いました。

しかし、音楽を聴いて、ふと、頭の中をよぎったのは、「まねをする必要はないんじゃないか。」。

僕なりの「音」を探した方がいいのではないか、ということでした。

今まで、いろんな人に憧れて、いろんな音を奏でてきたけれど、自分の音を探す…まず、自分の音が

好きなのか、嫌いなのか、そんなところから始めてもいいのではないか、と思いました。

人は「もっと自分のやってることに自信を持っていいよ」と言ってくれます。

それはそれで、とてもありがたいし、うれしい言葉なのですが、自分に自信が持てない原因は、

この「自分の音を探す」ことで解決するのではないか、と思うようになりました。

先日、行われた、「トリオ・リサイタル」の音楽をもうまもなくすると、YouTubeにアップすると思います。

今までの自分の軌跡を大切にしながら、前を向いて、新たな「自分作り」に挑戦したいと思います。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2011-12-09 07:57 | 談話