ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

私のピアノ教室で「売り」にしているレッスン室の音響とピアノについて。

前回の、ブログ記事で3回にわたって書いた、

結局、「私のピアノ教室で大事にしていること」では、

生徒さんとのコミュニケーション…(レッスン前にどんな心の状態なのかな?とか、

宿題は多すぎなかったか?少なすぎなかったか?とかを、私自身、自問自答しながら、

練習はきつくなかったかな?とか、ちゃんと練習できなかったことに負い目を感じていないだろうか?

などなど、考えつつレッスン生の顔の表情から、「かけてあげる言葉を探します」)。

それが一番大切なこと!?…人対人の「言葉と音と音楽」の交流だから。

それを踏まえたうえで、私のピアノ教室でしか学べない(吸収できないこと)があります。

それは、わたしが、音楽大学卒業したての夏に、一度だけヨーロッパに少しの間滞在して、

ピアノの勉強を優秀な先生方から缶詰め状態で教えていただいた経験からきています。

メイン会場に当たるお城のホールにピアノが備えられており、そのピアノを使って、

私と同じ日本人やスペイン人のレッスン生がお互いの演奏を聴いたり聴かれたりしながら、

ピアノの演奏について学ぶ…というものでした。

いよいよ、私が弾く番となり、その空間で音を出したら、音がうるさいのなんおって…

自分が出してる音がとてつもなく汚く聴こえたものでした。

自分で音を出してびっくりしたのですが、日本で弾いてきた音とまるで違う響きになってしまって、

とても困惑しました。日本人の演奏は、はっきり言うと、音色の変化に乏しく、個性を感じられない

あまり特徴がない演奏(技術面では素晴らしいけれど、音楽ってこんな面白みのないものだっけ!?)。

対する、スペイン人の受講生たちは、自分のサウンドをしっかりもっていて、音がうるさく聴こえない。

技術面では、日本人が勝っていたけれど、個性とか自由さとか面白さでは、スペイン人の方が上をいっていたな。

「この違いはどこから来るのだろう」必死に短い講習期間内に考えました。

ヨーロッパは、とにかく石造りのものが多く、天然の素材にこだわった部屋づくり。

日本は、音楽するところですら、「新建材」を多用します。天然か人工物か。

その違いが、音を響かせる空間に多大な影響を及ぼすことがわかりました。

今、私が書いていることは、当時、私が経験したことと、あとで調律のスペシャリスト狩野真さんから

聞いたことを併せ持ってわかりやすくなるようにつなげて書いています。

調律のスペシャリスト狩野真さんは、今も、ヨーロッパと日本を行ったり来たりしており、

ピアノやその他の鍵盤楽器のことをものすごく詳しく深く学んでおられます。

その狩野さんから薦めていただいたピアノを購入したんです。もちろんいい楽器であることは

間違いありませんが、狩野さんはおっしゃいました。「高価なピアノでメンテナンスしないものよりも、

国産でいいから、ちゃんとメンテナンスしている楽器の方が上手になるよ!」と。

メンテナンスというのは、「保守・点検」のことです。うちでは、2年に1回やっていただいております。

この保守・点検なしにはピアノが上手になるなんて、ありえないことです。保守・点検は奥が深いので

狩野さんのように熟練した技術を持った方にお願いしましょうね!!…個人的に探すのって難しいでしょう。

だから、一度、私のレッスン室のピアノで音を出して、「どういうピアノが本物か」知ることが大切なんです。

その狩野さんから受けたアドバイスにより造ったレッスン室とピアノでレッスンができることは最高に恵まれていることです。

私のところで習った生徒さんンお多くは、学校代表で伴奏をしたり、校内合唱コンクールの伴奏者に選ばれて、クラスが

入賞したり。…みんな、音のとらえ方が繊細できれいです。いい音悪い音がはっきりわかるものだから、

自分で考えて音を美しく響かせようと気持ちが動きます。それが個性につながります。

こんな環境で音を奏でていたら、音楽することがたまらなく楽しくなるのです。


そんな教室なんです、ここは。(^-^)




[PR]

# by shinonome-saitoh | 2018-10-12 11:41 | ピアノ教室紹介

結局のところ、私のピアノ教室で「何」を一番大事に教えているか?!(その3)

(その3)では、「レッスン方針」というよりは、「ピアノ教室の紹介」に

近くなります。



僕のピアノ教室では5月の第3日曜日に、「上山のピアノの先生方がレッスンしている
生徒さんと合同で(一緒に混ぜてもらって)、、ピアノ発表会を毎年やります。」

この発表会で、日ごろの練習の成果を出して、ご家族やお友達に演奏を聴いてもらい、
レッスンの励みとするのです。



また、レッスンを受けている生徒さんの誕生日にはプレゼントがあります。
それは…誕生日のプレゼントに先生が1曲、生徒さんにピアノを弾いてあげるのです。
弾いてあげる曲は、事前に、その生徒さんから「先生に誕生日に近いレッスン日に
弾いてもらいたい曲をリクエスト」してもらいます。ピアノを弾いてもらって
誕生日を迎えるって、すてきだと思いませんか!?(^O^)


生徒さんによっては、「コンクールに出続けること」によって、モチベーションが上がる…
という方もいらっしゃると思います。インターネットで検索をすれば、いろんなコンクールを
発見できます。「このコンクールに出てみたい!!」という「ピン」とくるものがあったら、
是非、僕にその募集要項を取り寄せて見せてください。全力で応援、サポートさせていただきます。
だけど、募集要項は先生任せにせず、ちゃんと自分でしっかり読みましょうね。「自分で受ける
コンクールを人任せにしても何もいいことはありません。」小さいお子さんがコンクールを受ける場合は、
特に親御さんがそのコンクールの募集要項を熟読する必要があります。わからないことは、
先生に聞いて相談するのもいいですが、場合によっては、直接、そのコンクールの事務局に
問い合わせすることも出てくるかと思います。まず、「自分でできることは、自分でする」が、
大原則です。

(以上になりますが、質問等、いつでもお受けしております)。
TEL 050-1538-6769 にいつでもご連絡ください。



[PR]

# by shinonome-saitoh | 2018-10-06 09:10 | ピアノ教室紹介

結局のところ、私のピアノ教室で「何」を一番大事に教えているか?!(その2)

当、ピアノ教室をいろんな事情で続けられなくなった時も、

必ず言ってさしあげる言葉があります。



「今日でピアノのレッスンはおしまいだけど、たまに、「ピアノが弾いてみたい気分だなぁ~」と思ったら、
家のピアノ(電子ピアノも含む)で気分転換に鳴らしてみてください。
「ピアノを弾く」=「ピアノを習う」ということではないです。
これからの人生、楽しいこともあれば、苦しい時期もあります。そんなとき、
ピアノの鍵盤に触って音を出してみてください。「元気がよみがえったり、そこまでいかなくても、
ちょっぴり、癒されたりします。」…また明日がんばろう…って気になる可能性「大」です。
ピアノの力、音楽の力、すごいですね!!(^^)/
また、大人になって、自分で働くようになって、「ピアノ…またレッスン始めてみようかな…」って思ったら、
先生のところに連絡ください。TEL 050-1538-6769
先生は、たぶんずっとこの「みはらしの丘」に住んでいるだろうから、気が向いたときに「レッスンしてみる」と
いいと思います。そのための1(ワン)レッスン制度があるんですよ!!!(笑)1時間といわず、30分レッスンで
いいじゃないですか(^-^)  ピアノは一生のお友達です。「レッスンしたい時だけレッスンにくる」それで
いいじゃないですか。(^-^)
(その3)へ続く


[PR]

# by shinonome-saitoh | 2018-10-06 08:33 | レッスン方針

結局のところ、私のピアノ教室で「何」を一番大事に教えているか?!(その1)

このホームページで言い足りてないことを、時々、このブログで

書いてみますね!(^^♪


例えば…レッスンに生徒さんが来た時に、まず、僕は、

「その生徒さんの表情だったり、服装だったり、…」を見ます。
それを僕は見て、「今日は、今、楽しい気分なのかな?学校でなにかあったのかな?
あまり練習できてないのかな?…」いろんなことを想像します。
そして、ピアノのレッスンを始める前に「今日、何かあった?」「大丈夫?」
「今日は、なんだか楽しそうだね!」「その服、かわいいね!(かっこいいね!)」
…なにかかにか話しかけてあげます。話しかけるだけでも、その生徒さんの表情がやわらいだり
心を開いてくれたりします。そんなところを一番大事にする…とレッスンでは決めてるかな。

みんな、「レッスンが好き」「ピアノが好き」って言ってくれてますが、これは、
「ピアノの先生が好き」「先生のレッスンが好き」の裏返しであることを最近、学びました。
それを知ってからは、生徒さんたちとの間に「見えない壁」はなくなったように感じます。
これは、僕の最近の大きな喜びでしたね!!( ^)o(^ )…そしたら、僕の「生徒さんに対する
接し方も変わり、以前にも増して、やさしく接することができるようになり、また、
生徒さんからも、僕に話をしてくれることが多くなりました。

僕のホームページでは、「部屋の音響がどうの」「楽器がどうの」「鳴らし方がどうの」「音の聴き方がどうの」…
専門性の高い言葉ばかり並んでいますが、それは、このレッスン室でレッスンを受けていれば、
自然と身につくことばかり。しばらくレッスンから離れていても、レッスンに戻ってくれば、
また思い出すことばかり。 レッスンで大切なことは、やはり「その人をよく観察して見てあげること」
体調面だったり、ほんとにこの教材でレッスン楽しめてるかな!?…。
(その2)に続く…。

[PR]

# by shinonome-saitoh | 2018-10-06 08:11 | レッスン方針

昨日、午後からチェリストの加藤皓平さんがお見えになり、コンサートの曲目を決めました。

2020年7月に加茂水族館のクラゲ館でコンサートをさせていただくことに

なっております。

音頭を取ってくれたのは、僕の中学時代の友人で、今、鶴岡に住んでおります

佐藤直哉君です。

直哉君の提案で鶴岡の加茂水族館(クラゲで有名ですね!!)にグランドピアノがあるので、

そこでやらないか?と声をかけてもらいました。

こんな感じの幻想的な空間です。

d0159273_14245527.jpg
青くライティングされておりますが、白くふわふわ浮いているのは、すべてクラゲです。

関東や関西、中部からも訪れるお客さんがたくさんいらっしゃる有名な水族館ですよね!!



そこで行うクラシックのコンサートにふさわしい曲選びを、私のピアノレッスン室まで加藤さんに足を運んでいただき、

曲を流し弾きしながら、決めました。

d0159273_14035770.jpg
加藤さんとお会いするのは3回目で、だいぶお互いに打ち解けましたよ!!(二人ともシャイなんです(笑))。

いい感じの曲が揃いました。練習は、まだまだ先になりますので、昨日は、曲決めとお茶をしました。

いろんな情報をいただけて加藤さんに感謝です。

このコンサート以外でもご一緒にコンサートするきっかけがあれば、ぜひ、コンサートをしたいな!と思っております。

[PR]

# by shinonome-saitoh | 2018-09-15 14:42 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事