人気ブログランキング | 話題のタグを見る

書く6 「3行ポジティブ日記」でやる気アップ!①

「アウトプットをしたいけれど、何から
書いたらいいかわからない」という方に、
ぜひおすすめしたいのが「日記」です。


「特に書きたいことがない」という人でも
今日一日の出来事や感想なら、何かしら
書くことがあるはずです。


日記というのは、毎日書くものですから、
毎日続けることによって「アウトプットする
習慣」が身につくというメリットもあります。


最初は、1日を振り返って書くのに、少し
時間がかかるかもしれませんが、文章を
書く能力は日に日に身についていきますので、
文章を書くスピードもどんどん速くなっていきます。


また、1日を振り返るということは、自分自身を
見つめ直すという作業です。それによって
何が鍛えられるかといえば「自己洞察力」、
つまり自分自身を見つめて内省する力です。
自分の言葉を振り返ることで、自分の考え方の
クセも客観的に把握できるようになります。


では、具体的には、どんな日記を書けば
いいのでしょうか。


皆さんにおすすめしたいのが、寝る前に書く
「3行ポジティブ日記」です。
今日あった楽しかった出来事、嬉しい出来事、
自分を褒めたいと思ったことなど、
ポジティブな出来事を3つ書くというワークです。


日記を手書きで書くのだったら、この樺沢流が
本当におすすめです。
私(Shinonome西塔)は、この日記を、
Twitterに書いています。ツイッターだと、
文字制限があるので、3個も収まりません。


私は、1個を書いて、それについての
描写だったり、情報、感情…を書くように
しています。


大切にしていることは、これは樺沢流と
同じですが、ネガティブなことは
書かないようにして、ポジティブなことを
書くようにしています。


参考にしたい方は、ツイッターで、
「Shinonome西塔」もしくは、
「@masa700705」を検索してみて下さい。
私の「3行ポジティブ日記」の書き方を
確認できますよ!


ここから、樺沢先生の本の内容に戻ります。


「楽しい」を発見する能力が高まるということは、
脳内にドーパミンが出やすくなるということ
です。「やる気」をアップさせる効果がある
ドーパミンが分泌されれば、勉強面でも、
集中力や記憶力も高まります。


楽しいことやポジティブなことを探し出すにも、
練習が必要です。


毎日、ポジティブ思考のトレーニングを
意識的に行うことで、最初は「楽しいこと」を
3つ出すのが精一杯だったのが、次第に
5つ、7つと増やしていけるようになるでしょう。



次回は、書く6 「3行ポジティブ日記」で
やる気アップ!② をお伝えします。


書く6  「3行ポジティブ日記」でやる気アップ!①_d0159273_03515805.jpg

by shinonome-saitoh | 2021-12-01 04:18 | 日記