人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「山形県人は、同じ服を10年以上着る」のTV放送のあと、の実際の心境…

タイトル通り、「たぶん、番組名は、秘密のケンミンショー…なんだと思う…」山形県人は、服を日本一買い換えないらしい…。

自分も恥ずかしながら、婦人服のお店のBGM担当として、ピアノを弾いているわけなのですが、それこそ、7,8年は買ってから

経っている服を平気で(節約節約…のつもりで)着てました。


私と母がやっているお店は、「婦人服」のお店なのですが、例えば、「和柄」に力を入れて仕入れをしていて、「和柄」だと、

男女兼用で着れたりします。


でも、「服」の店員さんなのに、着てる服は毎年同じ!!!

正確に言えば、「自分の着てる服に気を回すほど、経済的にも精神的にも余裕がなかった」…というのが本音かな…

「服、買い換えたいんだけどね…でも、そのお金があったら、生活費に回せるし…」的な。

余裕が欲しいから、切り詰められるところはとことん切り詰める…みたいな。


でも、「山形県人!!!」それは、違っていることに今日気づいたよ!!(僕は上山生まれ、山形市育ち、学生時代ちょっとだけ東京)。

毎回、仕入れしていて(婦人服)、「こんなの女性に着てほしいな」「このデザインかっこいいな」と思いながら仕入れするように

なった!!!!…今までは、「この服だったら売れるかな」とか「山形県人はおとなしめが好きだから、なるべく地味なやつを

選ぼう」とか…今考えたら呆れるくらい「売れることを中心に選んでいた!!」←楽しいわけがないし、当然売れない。


今、僕は、中小企業家同友会に入り、経営だったり、いろんなことを学ばせてもらっている。…たぶん、僕の

「人生の転換点」になるだろう、と思っています。


今日は、晩方、昨日仕入れたばかりのホヤホヤの「和柄」の新作に袖を通してみました。

↑気に入りました(笑)…で、買いました。…で、それを着て、お店に立とうと思っています。

あの「袖を通した時の気持ち…」…大げさじゃなくて、新しい自分に出会えた(うまれかわった)ような、新鮮な心弾む気持ち。

そんな気持ちで、お客様に接していたら、接客がきっと楽しくなるに違いない!僕は確信したのでした。


…というわけで、「山形県人よ、擦り切れてないかい?!」「人生もっと軽やかになる方法があるゾ!!」

新型コロナの影響で「人生、真っ暗な顔していると、お客様が、怖くて逃げていきますぞい!!」

新しい風を入れましょうや!!

「山形県人は、同じ服を10年以上着る」のTV放送のあと、の実際の心境…_d0159273_23174061.jpg
↑この服は、今、「婦人服スペースikoi(憩い)」でディスプレーしている服です(僕が買った服ではありません)(笑)

奥に見えるのは、グランドピアノ。僕の大好きなピアノ…「SORRENTO 225」です。

このピアノで、みなさんをお迎えして、BGMにいろんな曲を弾きます。ピアノの音は正直です。

演奏者の今の心を鏡のように映します。

どうか、みなさん、このピアノの音で元気になってくださいね!「サイトウ ピアノ 音楽研究所」でお待ちしております。

いらっしゃるときは、「完全予約制」なのでお電話ください…050-1538-6769です。

1組様、約2時間の滞在時間にしていただき、お客様とお客様の間、30分~1時間は換気いたします。

次亜塩素酸水を用意してますので、それで手を消毒してから入店していただきます。

マスクは各自、ご用意願います。


では、新しい自分に出会えるよう、アドバイスさせていただきますね!!どうぞ、山形市の「みはらしの丘」に…。



by shinonome-saitoh | 2020-06-05 23:34 | 婦人服スペースikoi(憩い)関連記事