人気ブログランキング |

今、ピアノを習っている先生の「コンサートへ行くこと」がいかに大事か…

あなたは、今、習っているピアノの先生のコンサートによく出かけてますか?

「出かけてない」という方は、損をしております。(^-^)

自分が習っているピアノの先生が、「どういう音色を奏で」、「どんな音楽を聴かせるのか」、…

これを知ることは、自分の将来の演奏につながってきます。…

もし、その先生の演奏に惹かれるものを感じなかったら…その先生に長く師事する意味はあるのでしょうか?

私が、あなたの立場だったら、「自分があこがれるような演奏をする先生」に師事すると思います。

その方が、その先生のおっしゃる言葉をしっかり受け止めて、レッスンに励めるからです。

まずは、先生の演奏を「生」で、たくさん聴きましょう。


もし、今、習っている先生が、演奏をあまりなさらない場合…

残念ながら、その先生から「アーティスティックな側面」を吸収することは、難しいでしょう。

確かに、「教え上手」な先生は存在しますし、上手くなるのも早いでしょう。

しかし、「コンサートをするピアニスト」という側面を吸収できなくては、「音楽家というものは、どんなもので」、

「どんなことが必要になるのか」を、間近で触れさせていただくことができなければ、

本当の意味で、音楽家になっていくのは「いばらの道」になるはずです。

自分が「音楽家(ミュージシャン)」になりたいのか、それとも「教育者」になりたいのか、で

師事する先生を考えた方がいいでしょう…。

「音楽(ピアノ)は趣味で一生続けられたらいいな!」と考える人は、

師事したい先生(人間的に魅力がある)とか、(先生の指導が好き)、

または、その先生の音楽が好き…で、師事したい先生を考えるといいでしょう…。(^^♪



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shinonome-saitoh | 2020-01-25 09:16 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)