人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「インプットよりアウトプットの方が大事」という考え方に基づきブログにアウトプットしてみる。

「インプットよりアウトプットの方が大事」という考え方に基づきブログにアウトプットしてみる。_d0159273_16224104.jpg
人間、学ぶこと(インプットすること)は、とても大切だし、学ばなければ、人間性の向上もないので、

学ぶこと=(以下インプットと表記します)は、とてもいいことなのだけれども、インプットして、

即、人間性の向上や、仕事や生活における利益に結び付いているかというと、実は全くそうではないことが、

いえる…と著者は言っております。

理由は、インプットしても、「自分の身になっていないから」だそうです。アウトプットできてこそ、初めて

「身についた」といえるのだそうです。…確かに、自分の経験を思い返してみても、「頭でわかったつもりになっていても、

2,3日後には忘れている」し、そういう状態ならば、「人生が変わる」などということはあり得ません。

インプットとは、「読む」「見る」作業。アウトプットとは、「書く」「話す(相手に伝えられる)」「行動する」ということ。

この「アウトプット」できて初めて、人生に少しずつ変化が現れてくるのだそうです。

しかし、それだけでは、まだ片手落ちで、「アウトプット」して、失敗やどこか修正をしなければならないところが

見つかった時は、必ず、「フィードバック」しなければならないそうです。

「フィードバック」とは、疑問点を解決したり、修正をしなければならないところをそのままにせず、必ず「修正をする」…

という風にしなければ、「向上しない」ということです。

例えば、テストで、自分の解答が間違っていたとする…そしたら、そこを、「なぜ間違えたか考え、正解の導き方を会得する」ことを

しなければ、次に同じ問題に出くわしたときに、また、「同じ間違いをしてしまう」…という理屈と同じです。

ですから、「フィードバック」までやってのけて、始めて「変化する」ということに繋がるのだそうです。


…と、いうところまで、本日は読み進めました。

感想…インプットとアウトプットは、だいたい本を開かなくても説明(アウトプット)できましたが、

「フィードバック」の説明は「フィードバック」という単語そのものが記憶から消えていて、さらに、本を

見返さないと、忘れてしまっていました。(自分の学生時代を思い出してしまいました(笑)…そういえば、

返ってきた答案用紙を復習することがありませんでした(笑)。


このブログに書き留めておこう…と思ったのは、音楽のこととは関係ない内容にはなりますが、

「人に説明するちからをつけることが大切」と著者同様思ったからです。

また、この本で著者は言っております。

「初心者は、反省よりも、自分のいいところを伸ばすこと、をやった方が精神的に良いと思う」と。

この言葉に救われました。

またこのブログで、この本の続きを「アウトプット」していきたいと思ってます。

よろしくお願いします。


by shinonome-saitoh | 2019-02-16 17:06