ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

結局のところ、私のピアノ教室で「何」を一番大事に教えているか?!(その3)

(その3)では、「レッスン方針」というよりは、「ピアノ教室の紹介」に

近くなります。



僕のピアノ教室では5月の第3日曜日に、「上山のピアノの先生方がレッスンしている
生徒さんと合同で(一緒に混ぜてもらって)、、ピアノ発表会を毎年やります。」

この発表会で、日ごろの練習の成果を出して、ご家族やお友達に演奏を聴いてもらい、
レッスンの励みとするのです。



また、レッスンを受けている生徒さんの誕生日にはプレゼントがあります。
それは…誕生日のプレゼントに先生が1曲、生徒さんにピアノを弾いてあげるのです。
弾いてあげる曲は、事前に、その生徒さんから「先生に誕生日に近いレッスン日に
弾いてもらいたい曲をリクエスト」してもらいます。ピアノを弾いてもらって
誕生日を迎えるって、すてきだと思いませんか!?(^O^)


生徒さんによっては、「コンクールに出続けること」によって、モチベーションが上がる…
という方もいらっしゃると思います。インターネットで検索をすれば、いろんなコンクールを
発見できます。「このコンクールに出てみたい!!」という「ピン」とくるものがあったら、
是非、僕にその募集要項を取り寄せて見せてください。全力で応援、サポートさせていただきます。
だけど、募集要項は先生任せにせず、ちゃんと自分でしっかり読みましょうね。「自分で受ける
コンクールを人任せにしても何もいいことはありません。」小さいお子さんがコンクールを受ける場合は、
特に親御さんがそのコンクールの募集要項を熟読する必要があります。わからないことは、
先生に聞いて相談するのもいいですが、場合によっては、直接、そのコンクールの事務局に
問い合わせすることも出てくるかと思います。まず、「自分でできることは、自分でする」が、
大原則です。

(以上になりますが、質問等、いつでもお受けしております)。
TEL 050-1538-6769 にいつでもご連絡ください。



[PR]

by shinonome-saitoh | 2018-10-06 09:10 | ピアノ教室紹介
<< 私のピアノ教室で「売り」にして... 結局のところ、私のピアノ教室で... >>