人気ブログランキング |

Shinonome西塔ピアノ教室のレッスン方針

大きく分けて二つになると思います。

一つは、ピアノで身を建てようとする方。

もう一つは、趣味で楽しみたい方。

あと、小さいうち(幼少の頃から小学生まで)は、どちらにしたいか、
決めかねる年頃だと思います。

一つ目の「ピアノで身を建てる」という希望をお持ちの方、は、
遅くても中学生に入るまでには、決意を固めなければなりません。
…つまり、「私は何が何でもピアニストになる。」とか、「ピアノでご飯を食べていく。」のような、
固い決意です。こんな方たちへのレッスンはかなり厳しいものとなります。
受験も待っています。受験では、誰かが合格し入学する、そして誰かが残念ながら落とされ、
涙を呑む。受験で笑う人になるためには、厳しい訓練を受けなければなりません。
つまり、普段のレッスンで先生に叱咤激励されることになります。
最近では、先生がメトロノームを投げつけたり、生徒の手を叩いたり…といった行為は見当たらなく
なりました。僕も、そこまでの指導はしていません。ですが、言われたことをちゃんとやってこなかったり、
さぼり気味な生徒には、かなりきつい「言葉のお仕置き」をすることになります。
そうしないと、受験に合格できないからです。いや、それだけではなく、その人がいざ、独り立ちして
先生になり、生徒を教えようと思っても、何も教えることができないんです。
だから、厳しく教えます。

もう一つの、趣味で楽しみたい方。
最近、大人の方で、もう一度、ピアノに向き合ってみたい…という方が増えてきました。
とても素晴らしいことですね!こんな方たちは、本当に「ピアノが好き」っておっしゃっています。
そんなピアノ好きを、絶対にピアノ嫌いにさせないレッスンが必要です。
僕自身、こんな方たちのレッスンをするのが、一番楽しみです。
僕自身が楽しんでいる、それから、いつも、練習が負担になっていないか気にかけてあげる。
なにしろ、趣味でやっていくんですから、一生、その趣味にお付き合いしてあげるつもりでおりますから、
練習を量でこなす必要はありません。最低限どの練習をピンポイントで示してあげればいいんです。
それだけで、彼らはやってきてくれます。なにしろ、「ピアノが好き」な人たちなので、
やってきてくれるんですね。あと、わからないこと、困っていることはないか、聞いてあげることも大事です。
レッスンは一方通行ではなく、相互交流がいいと思って実践しているところです。

幼少から小学生までの方。
この方たちに教えるのが一番大変かな。(笑)。
なにしろ、将来どうしたいか、全く未知ですから…(私も、本人も)。
ただ、「ピアノの音色が好き」それだけで教室に通ってます。
ひょっとしたら、将来ピアニストを目指すかもしれないし、中学生以上になれば、部活には絶対
入らなければならなくなるし。僕自身は、自分の過去を振り返ってみると、そのときにやりたかった
部活をやってきました。夕方pm5:30くらいまで部活をして、pm6:00くらいからピアノの練習をして、
pm9:00に練習終了して、それから晩ご飯。これが、日課でした。必要最低限の宿題はして、
あとは、学校の授業で集中して勉強。こんなスタイル。
人それぞれ人生が違いますから、部活に命をかけたいと思えば、ピアノは辞めたい…そう思う日も
来ることでしょう。僕はそうなってもいいと思ってます。ピアノは大人になってまた再開することはできます。
でも、青春時代の「仲間と共に汗した思い出」は、青春時代にしか作れません。
器用な子だったら、部活はそんなに活動していない部を選んで、ピアノもほどほどにやっていく。
そんなやり方もあります。
子供の人生です。子供が選択したことを一生懸命応援するほかないのではないでしょうか。
中学生に入るまでには、ピアノを専門にやっていくのか、趣味でやっていくのか決めないと、
もし、ピアノで専門にやっていくのだとすれば、ピアノは中学生からは本気で取り組まないと、
間に合わなくなってしまいます。また、本当にピアノで食べていくことを考えるのであれば、
グランドピアノは絶対買わなくてはいけません。電子ピアノやアップライト(縦型)ピアノは、
タッチや音色が全く違うので、専門でやるには、役不足です。

それから、ここではあまり言及しませんが、調律師も腕に違いがあります。
調律師によって、ピアノが上手になったり下手になったりしますので、
特に受験を考えている方は、どうぞ、私にご相談ください。
調律師の問題は楽器の問題より大きいウエイトをしめてます。
(あまり、知らない方の方が多いと思いますが、これは事実です。)

と、ここまで書いて、「かなり、皆さんをビビらせてしまったかなぁ」と思いましたが、
実際、僕のレッスンを受ければ、「ああ、なるほどな、こういうことか。」とふに落ちると思います。

僕は、いままで、みなさんが、「それは、本人の努力不足じゃない!?」と自分を追い込んできたもの、
もしくは、他の人にそのように言われて不本意な気持ちを抱いてきたこと、から解放してあげたいと
思ってます。現実に「努力不足」という問題はあるでしょうが、ピアノがうまくなるまでには、
本人の努力不足だけでは解決しない問題がけっこうあるんです。レッスンの最中にその「謎解き」をすると、
みなさん、今までの呪縛から解き放たれたようなやすらかな表情を見せてくれます。
そんなとき、「ああ、自分の遠回りした道は、無駄ではなかったのだな。」と感じます。

僕は、元来の不器用者です。(笑)。(^^♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by shinonome-saitoh | 2011-10-01 23:40 | レッスン方針 | Comments(0)