ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

タグ:YouTube ( 31 ) タグの人気記事


先週末から今週頭にかけて、調律師の狩野さんが山形にいらっしゃいました。②

我が「Saitoh Piano Music Institute」(サイトウ ピアノ 音楽 研究所」…サイトウ ピアノ教室のピアノを

先日、東京の調律師狩野真さんが、「保守・点検」を行ってくださいました。

その音色を、みなさんにお聴かせしたいと思います。

まず、1曲目はベートーヴェン作曲「エリーゼのために」<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/QnjRvR-iWcU" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe>

2曲目はショパン作曲のノクターンOp.9-2<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Li5j_9s0B9Y" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe>

3曲目は、ラフマニノフ作曲プレリュード(前奏曲)Op.23-6<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/9mm9ll2a2Ws" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe>

最後は、スクリャービンのエチュード(練習曲)Op.8-12「悲劇的」<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/FrC6TBlwSD4" frameborder="0" gesture="media" allowfullscreen></iframe>

このブログへの動画の貼り付け方法がもしかしたら変わっていて、ここではちゃんと見れなかったとしたら、私のホームページ…

簡単に「Shinonome西塔のホームページ」で検索をかけると、YouTubeで演奏が見れるところがあります。

恐れ入りますが、そちらでご視聴ください。

では。



[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-11-14 15:15 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225でスクリャービン練習曲Op.8-12

「悲劇的」を弾きました。

2,3日前に狩野真さんに調律していただいたばかりです。

ピアノが上達する上でこの「調律」と「保守・点検」がとても大切になるのですが、

今度、この保守点検に関して、素人の方でもわかりやすくご説明したいと思います。

お楽しみに
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 07:47 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225でスクリャービン練習曲OP.8-11

を弾きました。

調律が終わって、2,3日経った音です。

このピアノは、ヨーロッパではボヘミアピアノとして売り出しています。

日本では、この楽器を輸入している「アルト・ノイ・アーティスト サービス」の代表であり、

調律師である狩野真さんが、惚れ込んで日本に輸入したものです。

ある日、そのヨーロッパの社長さんの別荘に狩野さんが遊びに行った時に、

「そんなにこのピアノが気に入ったのならば、日本でこのピアノに名前を付けて売ったらいい」と言われ、

その時見たソレントの景色の素晴らしさに心奪われ、このピアノが「ソレントピアノ」として名前を

日本で売る時はつけられたのです。

このピアノの良い特徴を挙げたらキリがありませんが、あえて一つ強調をすると、ほとんどの工程が

手作業で作られています。他の名だたる楽器メーカーがどんどん機械化していくのに対して、

機械化をなるべくしないで人間の手による作業で出来上がっているので、暖かみのある音がします。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 06:58 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225で弾くラフマニノフの前奏曲Op.23-6

を弾きました。

このレッスン室の音響の良さと、ピアノの良さを

理解していただきたく、録音しました。

新しいレッスン室に改装をして、また、新しいピアノを入れてから

5年経ちました。ピアノの音は、だいぶ弾き込まれ、また、調律師の

狩野真さんの腕により、どんどん進化を遂げています。

購入したばかりの時に録音したものより、音が良くなっているのがお分かりいただけるかと

思います。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 05:15 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225でショパンのノクターンOp.9-2

を弾いてみました。

2016年11月16日録音です。

狩野真さんから調律をしていただいて、2,3日経っております。

このピアノで、私のピアノ教室に通う生徒さんにもレッスンで弾いていただいております。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 04:30 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

YouTubeにスクリャービン:12の練習曲Op.8-11,12

をアップしました。

みなさん聴いてくださいね~。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-10-26 08:02 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートvol.11の模様。

去る2016年10月23日(日)の午前中、山形市の「蔵王みはらしの丘

ミュージアムパーク内はらっぱ館」にて、はらっぱ館ティータイムコンサートVol.11を

開催しました。

赤ちゃんや子供さんからご年配の方まで、クラシックの良さを味わっていただくために、

プロもしくはプロ級の腕を持つ方に出演いただいているコンサートで、今回で11回目になりました。

今回は、元山形交響楽団のファゴット奏者の高橋あけみさんをお招きして、アットホームな感じで、

コンサートをすることができました。写真は、次回アップいたしますので、今回は、

YouTubeで、その演奏やトークを楽しんでいただきたいと思います。

下をクリックしてください。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-10-25 09:50 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

仙台 向山音楽教室の発表会でゲスト出演致しました。

2016年9月22日(木、祝)午後1:30~開演、場所…仙台 「スタジオ1951」

にて、ピアノを弾かせていただきました。

ピアノのメーカーは、ドイツ製の「FEURICHI(フォイリッヒ)」というもので、

日本ではあまりお目にかからないメーカーですが、とても心地のいい音色で弾きやすかったです。

今日は、YouTubeにその時の演奏をアップしたので聴いて頂きたいと思います。

曲は、数年前に「日本クラシック音楽コンクールの全国大会」に出て第5位入賞した時の作品…

ラフマニノフ:前奏曲作品23第6番「ゆっくりと」と、スクリャービン:12の練習曲作品8第12番「悲劇的」

です。それでは、お楽しみください。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-09-24 06:33 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートvol.9を終えて ②

今回は、コンサート後半のプログラムから、まず、1曲目坂本九の「見上げてごらん夜の星を」を

YouTubeよりお聴かせしたいと思います。

2曲目は、プッチーニ:歌劇「トゥーランドット」より≪誰も寝てはならぬ≫です。


☆彡アンコールも終わり、司会の尾形さんが、うまくまとめてくれました。

d0159273_0145136.jpg


この時、私はヘトヘト状態だったので、ほんとうに助かりました。

そして、お客様を和やかにさせる語り口は、本当に私自身気に入っていました。


次回は、vol.10(第10回)ということで、まだゲストさんも決まっておりませんが、

夏ぐらいを予定しております。

お楽しみになさってください…

終。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-03-19 00:21 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

「はらっぱ館ティータイムコンサートvol.8」Youtubeへ投稿

2016年1月24日(日)に行われた、「はらっぱ館ティータイムコンサートvol.8」。

トランペットの伊藤萌(めぐみ)さんをゲストにお招きして、盛況に終えることができました。

その演奏をYouTubeでお聞きする事ができます。

検索項目に「はらっぱ館ティータイムコンサート」と入れていただくと、過去の演奏も含め

表示されますので、第8回目…vol.8を選んで頂くと聴くことができます。

コンサートの2曲目の ラフマニノフのヴォカリーズだけは収録することができませんでした。

私の父に録画録音を任せたのですが、うまく機械操作ができなかったようで、入っておりませんでした。

楽しみにしていたみなさん、ごめんなさいm(_ _)m。

このブログには、代表して3曲載せることとしました。

1曲目は、サティ作曲の「ジムノペディ第1番」です。

2曲目は、美空ひばり でお馴染みの「川の流れのように」をトランペットとピアノでお届けします。

3曲目は、なんと、トランペッターの伊藤萌(めぐみ)さんが、ピアノのインプロビゼーション(即興演奏)が

できることがわかり、それをどうしても披露して欲しくて、私が、「アンコールに是非、入れて欲しい!!」と

頼んで、演奏してもらいました。演奏前に伊藤さんは、「それでは、今日のコンサートの感謝の気持ちを

込めて…」とおっしゃって、即興でピアノを演奏してくださいました。伊藤さん、ありがとう!!!

以上、代表曲をここに載せさせていただきました。

他の演奏もとても魅力ある演奏に仕上がっておりますので、どうぞ、ご覧下さい。

次回の「はらっぱ館ティータイムコンサートvol.9」は、山形オペラ協会所属の宮下通さん(テノール歌手)を

お迎えして、2016年3月13日(日)午前11:00~コンサートを開きます。

ぜひぜひ、山形県山形市蔵王みはらしの丘 「ミュージアムパーク内はらっぱ館」へお越し下さい。

たくさんの、お客様…特に親子での鑑賞や、お子様、(キッズスペース有り)をお待ちしております。

小さいうちから、どんどんクラシック音楽を聴いて慣れ親しんでみてください!私たちの願いです!!☆彡
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-02-03 17:38 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)