ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

カテゴリ:ピアノ 演奏会 発表会関連記事( 197 )


明日、蔵王ペンション「あっぷる」さんにて、コンサートします。

今日、午前中は三浦さんに調律に入っていただいて
おります。
あっぷるさんの入り口…

d0159273_10451679.jpg
懸命に調律してくださっている三浦さん。

d0159273_10461819.jpg
明日は、山形交響楽団のクラリネット奏者の

川上一道(かわかみいちどう)さんとの共演です。
私はクラリネット&バセット・クラリネットのピアノ伴奏と、ピアノソロを担当させていただきます。
音色の違いやクラリネットの音の出る仕組みなんかも、面白く聞かせて(聴かせて?(笑))くれる興味深い内容となっております。また蔵王ペンション村全体では、初夏のオープンガーデン実施中で入場無料です。お庭と借景になっている蔵王のお山を眺めて、お茶と軽いケーキ付きのコンサートで¥1000と大変お得なまれにみるコンサートです。プログラムや詳しい時間は、下の添付写真をご覧下さい。

d0159273_10562795.jpg

d0159273_10565507.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-05-22 10:41 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートVol.14が終わって。

4月23日(日)午前11:00~お昼12:00ころまで行われた、

はらっぱ館ティータイムコンサート。

今回は、山形交響楽団のクラリネット奏者の川上一道(かわかみ いちどう)さんを

お招きして、クラリネットとバセット・クラリネットの音色の吹き比べを

やっていただきました。

今回は、3月の卒業シーズンをはずしての演奏会なのでお客様も集まってくれるかな~

と、期待しておりましたが、4月は入学シーズンで、やはりみなさん、用事がおあり

のようで、お客様の入りは少なめでした。(反省材料です)


写真とともに、この演奏会の模様をお伝えしたいと思います。

クラリネットの川上さんとの演奏が始まりました。
d0159273_04531194.jpg
かわ
川上さんのアップです。


d0159273_04563573.jpg
クラリネットが「だんだん小さく」なってもちゃんと吹けるんだ!という

証明のようなおもしろい曲でした。

d0159273_04593409.jpg
d0159273_05003087.jpg

普通の一般的に使われているクラリネットとモーツァルトの時代に使われていた

バセット・クラリネットの違いの説明…



d0159273_05032690.jpg

バセット・クラリネットの演奏…


d0159273_05045571.jpg
バセット・クラリネットはベルがお客様の方を向いているのですね!!


プログラムが無事終わり、お辞儀です。


d0159273_05072376.jpg

今回は、いろいろな理由から、入場料を上げざるを得ませんでした。

次回から、得点を用意し、お客様から、また足を運んでいただけるような

コンサートにがんばってしてゆきたいと思っております。

みなさま、よろしくおねがいいたします。



[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-05-06 05:15 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートVol.13を終えて。

2017年2月26日、みはらしの丘はらっぱ館にて、山形交響楽団のホルン奏者(みはらしの丘在住)

岡本和也さんとティータイムコンサートVol.13を行いました。


d0159273_59307.jpg


会場いっぱいのお客様ではじまりました…コンサート。

脇には豪華な雛段飾りも見えます。


d0159273_513130.jpg


岡本さんがいろんなタイプのホルンを持ってきてくださり、ホルンの歴史がよくわかり、

音色の違いなども聴き比べができました。


d0159273_516211.jpg


ホルンの音の出る仕組みを説明していただきました。


d0159273_5173311.jpg


みなさん、大変驚きと興味を持っていただいたのが、ホームセンター等でふつうに売っている

ホースを使って、{アメージング・グレイス}を吹いてくださった場面です。


d0159273_520335.jpg


私も一緒になって岡本さんの解説に耳を傾けます。


d0159273_5215490.jpg


d0159273_5223353.jpg


…本日の演奏の一コマ…。



d0159273_5234399.jpg



プログラムが終わり、伴侶の高橋あけみさん(ファゴット奏者)が、演奏会の告知をしてくださいました。


このコンサート当日は、天気もまずまずで、とてもお客様に、喜んでいただけたのではないかと

思えるような、あたたかい雰囲気で幕を閉じることができました。

聴きにいらしてくださった、お客様、一生懸命動いてくださった、はらっぱ館のスタッフのみなさん、

それから、熱意のこもった演奏を披露してくださいましたホルンの岡本和也さん、みなさん、

本当にありがとうございました。

次回の、「はらっぱ館ティータイムコンサートVol.14」は4月23日(日)に、山形交響楽団の

クラリネット奏者、川上一道(かわかみいちどう)さんをお招きして、「クラリネットとバセット・クラリネット」の

音色の聴き比べをしていただきます。

どうぞ、おたのしみになさってください…

☝( ◠‿◠ )☝
[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-03-06 05:37 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートを前にリフレッシュ

明日のコンサートを前に、ヨーロッパの森の雰囲気を味わいたくて、山形県総合運動公園(天童)に行って来ました。木々の葉っぱがみな落ちているので、敷地の広大さがよくわかりました。たまにこういうところに来ると、心が広々とするんだよね!
今度は別のルートで公園内を散歩しよう!
d0159273_17503678.jpg
d0159273_17513558.jpg
d0159273_17520576.jpg
d0159273_17523573.jpg
d0159273_17532256.jpg
d0159273_17535657.jpg
はらっぱ館に顔を出し、明日の準備をしました。
館内には、豪華な雛壇飾りがありました。
明日、コンサートにおみえになるお客さまには、ご覧いただけます。
明日、コンサートが成功するといいな!
お客さまにたっぷり楽しんでもらいたいです。
チラシを載せます。
d0159273_17590193.jpg
横になってごめんなさいm(__)m。
二人でいい音楽を作ります。
d0159273_18002557.jpg


[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-02-25 17:44 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートVol.12が終わって。2

土屋君が数曲、曲を吹き終わり、私のピアノソロへと続きました。

d0159273_11575644.jpg




まだ、お正月の雰囲気の残る会場…

d0159273_11592952.jpg




いよいよ、ソプラノサックスの出番です。クラリネットが金ピカになったよう…

d0159273_1212979.jpg



(画像が横になってスミマセン!!)


アンコールが終わり、お辞儀をする二人。


d0159273_1235913.jpg




…たくさんの暖かい拍手に包まれて終わることができました。

忙しい中を、かけつけてくれたサックスの土屋徹博君…どうもありがとう。


そして、この「はらっぱ館ティータイムコンサート」を毎回楽しみにして来てくれるお客様と、

初めていらしていただいたお客様…本当にありがとうございました。


是非、このコンサートのファンになって、毎回、いらしていただきたいと思ってます。

次回は、2月26日(日)午前11:00~演奏開始、山形交響楽団のホルン奏者、

岡本和也さんをお招きし、現代のフレンチホルンの前身のモーツァルトやベートーヴェンの時代に

使われていた、ナチュラルホルンも登場しての充実したコンサートになります。

みなさん、是非、お越し下さいね~


みなさんにお会いできるのを楽しみに待っておりま~す。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-01-15 12:13 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートVol.12が終わって。1

2017年1月8日(日)に、山形市蔵王みはらしの丘ミュージアムパーク内

はらっぱ館において、ティータイムコンサートVo.12を行いました。


スタートしてまずは、二人でステージに立ち、私があいさつを致しました。

d0159273_11463452.jpg



サキソフォン奏者の土屋君がちょうど、そばにいたので、今日は、アルトサックスとソプラノサックスの

音色の違いを楽しんでいただくことを、みなさんにご紹介しました。

d0159273_11495328.jpg


たくさんのお客様にいらしていただきました。

d0159273_11513259.jpg



いよいよ、コンサートに入り、アルトサックスを土屋君が吹いております…

d0159273_1153656.jpg



はらっぱ館ティータイムコンサートvOL.12が終わって。2へ続く。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-01-15 11:54 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

はらっぱ館ティータイムコンサートVol.12が始まります

2017年1月8日(日)午前10:00開場、午前11:00開演、お昼12:00終演予定で、第12回目のコンサートが、みはらしの丘の「はらっぱ館」ど開催されます。今回は、サックス奏者の土屋徹博(つちやてつひろ)さんをお迎えしてのコンサートです。アルト・サックス🎷を中心にして、ふだんあまり聴くことができないソプラノ・サックスの音色もお披露目予定です。お茶を飲みながらクラシックのサックスの魅力を堪能しませんか?このコンサートは、小さいお子さん連れOKのコンサートです。キッズ・スペースもあるので、肩身の狭い思いをすることなく
お子さんにもクラシックの良さを知っていただけますよー。下にチラシを載せますので、詳しくはご覧下さい。
d0159273_14172558.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2017-01-04 13:59 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225でスクリャービン練習曲Op.8-12

「悲劇的」を弾きました。

2,3日前に狩野真さんに調律していただいたばかりです。

ピアノが上達する上でこの「調律」と「保守・点検」がとても大切になるのですが、

今度、この保守点検に関して、素人の方でもわかりやすくご説明したいと思います。

お楽しみに
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 07:47 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225でスクリャービン練習曲OP.8-11

を弾きました。

調律が終わって、2,3日経った音です。

このピアノは、ヨーロッパではボヘミアピアノとして売り出しています。

日本では、この楽器を輸入している「アルト・ノイ・アーティスト サービス」の代表であり、

調律師である狩野真さんが、惚れ込んで日本に輸入したものです。

ある日、そのヨーロッパの社長さんの別荘に狩野さんが遊びに行った時に、

「そんなにこのピアノが気に入ったのならば、日本でこのピアノに名前を付けて売ったらいい」と言われ、

その時見たソレントの景色の素晴らしさに心奪われ、このピアノが「ソレントピアノ」として名前を

日本で売る時はつけられたのです。

このピアノの良い特徴を挙げたらキリがありませんが、あえて一つ強調をすると、ほとんどの工程が

手作業で作られています。他の名だたる楽器メーカーがどんどん機械化していくのに対して、

機械化をなるべくしないで人間の手による作業で出来上がっているので、暖かみのある音がします。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 06:58 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)

SORRENTOピアノ225で弾くラフマニノフの前奏曲Op.23-6

を弾きました。

このレッスン室の音響の良さと、ピアノの良さを

理解していただきたく、録音しました。

新しいレッスン室に改装をして、また、新しいピアノを入れてから

5年経ちました。ピアノの音は、だいぶ弾き込まれ、また、調律師の

狩野真さんの腕により、どんどん進化を遂げています。

購入したばかりの時に録音したものより、音が良くなっているのがお分かりいただけるかと

思います。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2016-11-18 05:15 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)