ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

カテゴリ:プロフィール( 7 )


ピアニスト、ピアノ教師、プロフィール(大学卒業から現在)

桐朋学園大学時代…それは、  僕にとって、 「夢のような幸せな(勉強)の時間」でした。

音楽のことを あらゆる面から勉強、吸収させてもらえる、「とても めぐまれた 環境」。

時代が、バブルがはじける前だったこともあり、アルバイトせずに、ひたすら、ピアノの技術獲得や、

表現の追及、さまざまな音楽に触れ「音楽の下地を広げること」に集中して取り組めたいい思い出です。


一方、今、考えると、小さい時から大学卒業まで社会にあまり関わらないで過ごしてしまったので、

今、クローズアップされている「人間力」は、ほとんど養われることなく、大学を卒業してから、

アルバイトを通して、「自分の社交性の無さ」を思い知ることになり、とても苦しい時代に入っていきました。


大学卒業して1年目…アルバイト(清掃会社)を東京でしながら、夏にヨーロッパに行くチャンスに

恵まれました。親と電話で相談し、「おそらく、これが、最初で最後のヨーロッパ行きになるだろうけど、

見聞を広める為にいい経験になるんじゃないか…」…そんな電話での結論で、ぎりぎりの予算で行きました。


私の音楽大学時代の恩師のピアニストである、小川京子先生が、ウィーン郊外のお城をメイン会場にして、

サマーピアノマスタークラスを友人の外国人の先生方と一緒に開く…という催しに参加したのでした。

一週間、そのお城とホテルに缶詰状態になり、ひたすらピアノ音楽を勉強する…というものでした。

その時に、僕は、今現在の「レッスン室がとても大切になる」という、いわゆる「器の重要性」をひしひしと

感じる驚愕の体験をしてしまうのです。


その「お城」の大空間にピアノが置いてあって、客席が150席くらいある、ほんとに「音楽を聴く為の

贅沢な空間」というたたずまいなのですが、そこでピアノの音を鳴らしてみて、びっくりしてしまいました。

音が、パーン、パーン、と反響するんです。僕は今まで日本から出たことがなかったので、「音」といえば、

ピアノからでてくる音しか無いものだと思っていたのですが、それが違うんですね…石の壁に当たって

反射する音があるんです。「ピアノを演奏する指のタッチが今までのものが全く通用しない」…これは、

本当にショックでした。毎日の練習会場でも同じでした。部屋の大きさ、天井の高さ、ピアノの大きさ、

置物のあるなし、全てが音響に関わっているのです。だから、一つの部屋とて「同じ響きがする部屋」は

存在しません。そのマスタークラスは、受講生が日本人とスペイン人だけでした。

スペイン人たちは、音響に戸惑うものはおらず、むしろ、「その空間、その空間に合った音を紡ぎ出すように、

音を楽しんで出していた」ような感じでした。テクニックでは日本人の方が上でしたが、音そのものは、

スペイン人の方がきれいでしたし、美しかったです。

東京に戻ってきて、僕は一大決心をしました。東京で生活をすることを諦め、田舎(山形)に帰り、

親と一緒に「ヨーロッパと同じ音響が作れるレッスン室を作ること」を今後の僕の人生の目標にしました。

そして、8年前に家を建て、レッスン室を併設し、今から2年前にそのレッスン室を改良し、現在の

ホームページにあるようなレッスン室になりました。

一つ、音響でとても大切なことがあります。器…つまり、楽器を鳴らす空間は、「自然素材で作られてるもの

のみを使用すること」です。石のような反響をする安価な素材でコンクリートがありますが、

天然の石(大理石など)とコンクリートは似ていて全く異なるものです。コンクリートは目に見えない

小さな穴が無数にあいていて、そこから、音楽を作るのにとても大切な高倍音を吸収してしまうのです。

ですから、暗く沈んだ音になるので、そこで練習をすると「異常に疲れを覚えます」。

レッスン室を作るうえで大切なことは他に何点もあるのですが、興味を持っていただいた方に

説明をメールなり電話なりで説明することにしてここではこれくらいにしたいと思います。



今は、レッスン室も本当に音が出しやすい空間になり、また、ピアノも手作りのヨーロッパ製のものを

手に入れることができました。本当に良いピアノとすばらしい技術者のご縁ができ、

クラシック音楽発祥の地「イタリア」とのパイプができ、そのイタリアから優秀な指導者を山形に招いて、

マスタークラスをできるようになったことは、よく考えてみれば、僕には奇跡です。

少しずつではありますが、僕の演奏スタイルや指導法をイタリアで研鑽を積んでいるアーティストから

吸収をし、それを「私の生徒に還元できる」…この喜びを今、噛みしめているところです。

追伸:豆知識…ピアノはドイツで初めて作られるようになった…と思われている方がたくさんいらっしゃると

思いますが、ドイツは、機械化導入をして量産化することに成功し有名になることに成功したピアノメーカーを

たくさん抱えています。しかし、機械化導入に伴い、本来の手作業(手作り)でしか出ない「音の豊かさ」を

犠牲にした箇所がたくさんあります。イタリアはもともと、ピアノを手作りで作り始めた発祥の地であり、

有名ではないけれど、手作りでいい音を追求している町工場がたくさんある土地柄なのです。

イタリアの街を歩けば、無名のピアノを売っているショップがけっこうあります。

僕が今、自分のピアノを弾いて思うこと、感じることは、「ピアノは、息をしている、呼吸をしている、

生きている、響きがどんどん豊かになり音色が芳醇になる」ということです。ピアニストを大きく成長させてくれ 
るのもまた、手作りの楽器に勝るものはありません。  

工場で大量生産しているピアノは、「買ったときが一番良くて、だんだん、音が枯れていく」でしょ!?

「無名で終わってもいいからいいものを作り続けたい」という職人魂が生き続けている場所…

それが イタリア なのです。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-07-27 13:05 | プロフィール | Comments(0)

パソコン用ホームページと携帯用ホームページのご紹介

ピアニスト兼ピアノ教師 Shinonome西塔(しののめ さいとう)

パソコン用ホームページアドレス

http://saitoh-piano.com

携帯電話用ホームページアドレス

http://saitoh-piano.plimo.jp/

一度、ご覧になってください。(^^♪
[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-03-28 04:21 | プロフィール | Comments(0)

ピアニスト、ピアノ教師、プロフィール(大学受験編)。

「受験」って大学でも高校でもそうだと思うんだけど、
課題曲ってもっと柔軟にならないのかなぁ…って思います。
だって、その生徒の「得意」「不得意」とか曲の「好き好き」って絶対ありますよね~。
そりゃ~、学生の時は、不得意もなるべくなくして、ある程度なんでもこなせるように
なることも必要なんだけど、それって、なにも受験に課す必要なくない!?
受験は、「その生徒が一番輝ける曲を演奏してもらう」のが大事なんじゃないかな…。
その生徒の最高のパフォーマンスで判断する…前向きでいい学校の雰囲気だと思うんだけど。
今は、大体、課題曲で選択の余地を与えられていないんですね。
例えば、僕の桐朋学園大学受験の時の課題曲なんかは、こうです。
 
次のエチュードを順番通り、全て暗譜で演奏しなさい。
F.Chopin:12Etudes Op.10-4,7,11,

次の曲を暗譜で1楽章または2,3楽章を受験当日から1週間くらい前に指定するので、全て練習しておくこと。
L.V.Beethoven:Klaviersonata Op.81a 告別ソナタ全楽章

こういう課題の出され方をすると、いろんなキャラクターのものを出されているので、パーフェクトを
求められているのがわかります。技巧も様々なものを取り混ぜている…そんな感じですね。
もしかしたら、僕の受験の時と時代が変わって、課題曲の出され方も変わってきているのでは
ないか、と想像はしていますが、今は「学校」とは無縁なので、わかりません。でも、本質的に、
生徒を学校で育てる為の受験ではなく、生徒を比較して優劣を判断する為の受験であることに
変わりはない様な気がします。
僕だったら、こんな課題曲を出します。

世の中にある「エチュード」と呼ばれる作品の中から3曲選び、演奏しなさい。(曲順は演奏者に任せる)

世の中にある「ソナタ」と呼ばれる作品の中から1曲選び、全楽章練習しなさい。(当日、演奏する際は、
きりのいいところから始めて、約7分間演奏する。演奏修了箇所は自分で決めること。)

こんな感じだったら、「その年の課題曲が自分に合うかどうか」を考えることなく受験できます。

僕の持論は、「音楽は純粋に音楽性で判断され、複数の先生方によって適性があるかどうか、
判断されるもの」であって、決して「技術のレベルの高さの比較によって優劣を決めるものであっては
ならない」と思います。…受験のムードが変われば、受験生のハートだって、より個性的な
パフォーマンスを目指せるようになると思うんですけどね。

楽曲のアナリーゼなどアカデミックな内容は学校で「知識」として教えておけばいいことで、
演奏自体が全てのプレーヤーがアカデミックな演奏になる必要はないと思っています。
「音楽は理屈じゃない、感性だぜ。」っていう考え方も重要ですよ。
「アカデミック」と「感性」をどのように自分で形作るか…これを自分で納得のいく形に生涯かけて
持っていくのが「美的なものに携わる者のたどる道」なのではないでしょうか。

あと、音楽大学においては、「音楽の勉強」と「一般教養」の勉強がありますが、
もう少し、芸術(音楽)に携わる者が「社会に出た時に困らないような、現代社会の成り立ち」風な
授業があってもいいと思います。社会は、今、刻々と変化していて、「自分の人生をどのように
経済活動(収入)と結び付けていくか」を考えるのが難しいです。一方、太古の昔から
変わらない人間の本質のようなところを知っておくことも重要だし。そんな教育、僕は受けてこなかったので、
大学を卒業して社会に放り出された時、大変困りました。「学校さえ、マジメに通っときゃ、
ちゃんと飯が食える:」というのは、ウソだったんだど思い知らされています。

なんだか、受験で「どういう風にして合格したか」を書くつもりが、全く違う内容になってしまいました。
でも、今は、たった今「自分が書いてること」の方が重要度が高いように思われるので、
書き綴っています。

一つ、追伸…努力することはとても尊いことだけど、なんでもやりすぎはダメですね。
程よいところを知ることは、とても重要です。なぜなら、例えば、音楽で「努力する」にしても、
「血が吹き出そうなくらい痛そうな努力」は傍から見ててもそのように(血が出そうなくらい痛そうに)見えます。
はたして、人々は音楽を聴くときに演奏者の痛そうなところを見たい(感じたい)のでしょうか。
僕はそうは思いません。努力できるところは一箇所ではないのです。自分が楽しんでできる努力を
多方面からやって構わないのではないでしょうか(場合によっては一つの努力)。

僕の考えを述べてしまいましたが、何を書いているか「わかる文章」になっているのかどうか…(^^ゞ。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-08-23 08:16 | プロフィール | Comments(0)

ピアニスト、ピアノ教師、プロフィール(高校生編)。

山形県立山形北高音楽科を受験した時、受験生全員、体育館に集合だったのですが、
そのときに、あの、幼稚園でピアノを勧めてくれた同級生(大津知美さん)に再会するのです。
その時は、確か、むこうが第五中学在学で、音楽か、担任の先生と一緒に来ていました。
そして、その先生と共に僕のところにやってきて、先生が開口一番、
「この子、大津知美って子なんだけど、この子がね、幼稚園で一緒のクラスでピアノを
一緒に弾いた記憶があるって言うんだけど、あなた覚えてない!?」ってストレートに聞かれました。
あの時の面影がなんとなくあったので、「あぁ、やっぱ、あの時の子だ…。」そう思い、
その先生に「覚えています。」と答えたところ、確か、先生の方がムチャクチャ喜んでたような
感じでした。(^^♪「なんて、明るい先生…」そう思いました。その時、僕は第十中学から
一人で受験に来てたので、(引率の先生も都合がつかず、来れなかった為)、
少し、みんな引率の先生がちゃんとついてきてることに驚き、ちょっと心細くなってたところだったので、
昔の友達に再会して、なんとなく心強く思ったのでした。
受験は、成功し、入学となりました。
受験前から僕は、一柳先生から愛知県立芸術大学の教授の金井裕先生を紹介して
いただいていたので、月に1回東京にレッスン、ピアノの実技試験が近づくと名古屋にレッスンに
通いました。普段の北高でのレッスンは1,2年生で小薗井先生に3年生では郷津由紀子先生に
習いました。このときぐらいからでしょうか…音楽ってほんとお金がかかる~って思い始めたのは。
でも、僕はこの道しかなかったし、まだバブル崩壊前だったし、ピアノ好きなおじいちゃんが戦争帰りで
恩給をもらっていたので、その「恩給」のおかげで、僕はピアノのレッスンに東京や名古屋まで
通うことができました。
個人的に言えば、僕は同時期に同じ曲を二人の先生に見てもらうのは、あまり良くないと思ってます。
その理由は、先生によって「見方が異なったりして、違う意見を言われ、全く反対のやり方を
教わったりするから」です。でも、ある先生から、「違う教え方をされても、こっちの先生の時は
こう弾く、また別の先生の時は違った風に…と使い分けて弾けなきゃならないんだ。」と教わりました。
僕は、その時、「それは、そうなんだよな…」と思いながら、「でも、自分の心と体は一つだから、
どっちかしかできないよ…」とも思ってました。僕は、今でも、同時に複数の先生についても、あまり
いい結果が出ないと思ってます。先生の立場になるとよくわかりますが、先生も教えにくいですよ~。
そりゃ、先生は大人だから、「他の先生についていても問題なく教えられます。」と言いますが、
内心は、「こりゃ、大変だな。」ですよ。「ある程度の期間を離して、別の先生の教えをワンレッスンとして
受けてみる」ってのは有りだと思いますが。あとは、一人固定の先生がいて、その先生の勧めで、
別の先生だったり、外国人の先生だったりにつく。なんてことでもいいでしょう。
先生とは「信頼関係」が大事なので「信頼関係が損なわれるようなことは、避けた方がいいのです。」
とはいえ、先生につくのも、いろんな利害関係があってのことなので、致しかたなくやってる方も
そうとういらっしゃると思います。やはり、うまくやってくポイントは、先生の信頼を裏切らないように、
ちゃんとその先生に注意されたことは直してく。ってことです。もし、反対のことを注意されたら…、
ですが、やはり、その先生の言われたことをレッスンでちゃんとできないといけません。
ある程度長いスパンでものが考えられると、まったく反対のことを注意されても、その反対の中にある
共通事項を見つけられて、それを表現すれば、問題なくどちらの先生の言うこともクリアできる状態に
なるんですが、「反対の中にある共通事項を探す」のってかなり時間がかかる作業ですよ。たくさん
練習すれば見つかるってことでもないし。
話…逸れますね~(笑)…でも、みなさんに知っといてもらいたいことっていっぱいあるんですよ~。
金井先生に大学受験をどうするか、聞かれました。いろんな話をする中で僕は東京の私立の
桐朋学園大学を受験することに決めます。それを決めたのは高3の夏ですが、みなさん、僕の
まねをしないでくださいね!桐朋は夏期講習に出た方がいいです。年に1回しかありません。
桐朋の講習会は。結局、受験を決めたのが夏期講習が過ぎたあたりなので、桐朋がどういう学校なのか
わからないで受けることになります。高2の夏は確か東京音大の夏期講習に行った気がするなぁ。
東京音大は年に2回なんですね、夏と冬と。だから、他の音大も例外なくそうだ…と思い込まないように
しましょう。若いうちってのは、「思い込み」がよくあるんですよね。それで、失敗したり損したり…、
場合によっては、救われたり(あくまで例外ですが)することもあります。
ここから、大学受験の話となりますが、続きは(大学受験編)で。
d0159273_10423465.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-07-29 10:48 | プロフィール | Comments(0)

ピアニスト、ピアノ教師、プロフィール(中学生編)

中学生になって、まず始めに頭を悩ませた問題は、
部活にどこか必ず入部しなければならないことでした。
中学生は、勉強(授業)のスピードも速くなるし、科目も多くなるし、
行事も増えるし、僕の場合は、ピアノを毎日弾かなければならないし、
そのほかに、部活…頭が痛かったです。
4月から、5月か6月くらいまでの期間は、おためし期間で、自由に
どこの部活に見学しに行ってもいいことになっていました。
だから、積極的にあっちこっち行ってみればよかったんだろうけど、
もともと消極的な性格なので、結局吹奏楽部にしか顔を出さず、
そこに落ち着くことになりました。
楽器は2年生の途中までトランペットをやって、それから、アルトサックスに
変更しました。
ピアノの先生は引き続き中村先生でしたが、そろそろ「厳しいことも教えてくれる」
先生を母親と二人三脚で探しました。そうして、見つけたのが、
一柳和男(ひとつやなぎ かずお)先生でした。この先生は、山形大学の特設音楽科を
卒業されてから、西ドイツ(当時、まだドイツは東と西に分かれてました)のフランクフルトの
音楽大学を卒業されていました。山形で留学されて帰ってきたピアニストの先生は
この先生以外見つけることはできなかったし、僕にアドヴァイスくださったことが、
非常に「自分にとって必要なこと」と考えたので、この先生に決めました。
「アドヴァイス」「自分にとって必要なこと」とは…ですが、それは、音楽で生計を立てるのは、
生半可な気持ちではできないこと、経済的にまず非常に大変な事態になってしまうこと、
甘い考えは捨てないと生き残れないこと、自分の人生を決めるにはタイムリミットがもう
きていること、などを教えてもらいました。「タイムリミット」とは、音楽を職業としていく時に、
その時その時にふさわしい教材だったりレヴェルの曲に取り組んでいないと、いわゆる、受験の
課題のレヴェルに達しない事態では、受験で落ちてしまうので、「このくらいの
年齢だったら、このくらいの曲は弾けないとね」というような、だいたいの目安ですが、
その目安に自分が全く達していなかったのです。(恐らく、音楽的にはさておいても、
少なくても、ピアノの技巧的な面の習得が全くといっていいほどできていなかった。)
(実際、速く弾かなければならないような曲は、全く、指がついていかなかったし。当時。)
ということで、大慌てで一柳先生の出す課題に食らいついていきました。
初めに渡された課題がモーツァルトのピアノソナタKV333 B-durだったのですが、僕は、
長調(dur)の曲が嫌いで、しかもモーツァルトもあまり好きじゃなかったんです。
でも、根っからの山形人の僕は、「先生に口答えしてはいけない」という思いがとても強く、
最後の最後まで「この曲が嫌いだから、別の曲にしてほしい。」と先生に言うことができませんでした。
でも、ここで、みなさんに、アドヴァイス。嫌いな曲や取り組みたくない曲を先生に提示されたら、
絶対に「本音を言うべき」です。「本音を言っても、先生に嫌われることはありません。」
むしろ「本音を隠して」「その提示された曲に取り組む方が大問題です。」
なぜなら、自分が好きでもない曲に取り組んで、「うまくなる」なんてありえないし、
もっと繊細な場合、「体の調子や心の調子までおかしくなってしまいます。」
「音楽は心を表現してるもの」です。心をさらけ出す行為なのに、「嫌いな曲」と戦っていたら、
病気になる予兆みたいなものが音に現れてきます。(具体的には、前よりヘタになってくる…、
音が内向的になる…、先生とのコミュニケーションがうまくいかなくなる…、体調がおかしくなる、
精神的に追い込まれる、コンプレックスを持つようになってくる、)…など、悪い影響は挙げたら
きりがありません。好きでない曲に取り組むことは、即刻中止すべきです。

「みんな、このくらいの年齢や、このくらいのレヴェルの人は、この曲をやっているから…」

こんな理由で無理に自分をあわせて、曲と格闘している方はいませんか?

絶対にやめるべきです。はっきりいいます、得られるものは何もありません。

「だって、先生に悪いじゃん。」

そう思う人は、自分で、自分が弾きたい曲を探しましょう。
僕は、YouTubeをおすすめします。
まず、自分が弾きたい曲などがテレビやラジオでかかったら、放送局に電話して、
曲名と作曲者名を教えてもらいます。(けっこう、どの放送局も丁寧、親切に教えてくれますよ。)
その曲を、YouTubeで丸ごと聴いてみます。
そして、気に入ったら、先生に「自分が今、取り組んでもいいか」訊ねます。
GOサインがでれば、すぐその曲を練習して構いませんが、もし、「まだ、ちょっとやるには早いな、」とか
「もう少し、簡単な曲の方がいい、」とか言われた場合は、「じゃあ、また別の曲を探して見ます。」と言って
うちに持って帰ります。そして、またYouTubeで、この曲を検索にかけるのですが、
検索にかけると、似たような曲やあるいは、同じ作曲者で違う曲や、同じ演奏者で違う曲が
右端一覧にズラーッと出てきますから、それで、一つ一つ選んで聴いていきます。
そうすれば、たいてい、「この曲、弾きたーい、(弾いてみたーい)。」って曲にめぐりあえます。

先生とのやり取りを何度もするのが難しい場合は、YouTubeで、先に「自分が弾いてみたい曲一覧」を
作って、先生に持っていくといいかもしれません。先生も、逆に「この人の弾きたい曲って、
自分が弾かせたい曲と全く違ってるなぁ…」とかそんな意外な面を知ることになって、
お互いのレッスンがもっと、以前より親密になるはずです。

話がだいぶ逸れました。結局、僕は1年以上も嫌いなそのモーツァルトのソナタと格闘することに
なります。指がだいぶ動くようになってきた(血の出るような努力で克服…)
ある日、先生に「勉強に専念してみたいから、
ピアノを一旦レッスン止めます。」と宣言してしまいます。でも、元来、勉強嫌いな僕は、
「勉強に専念することなく、」半年過ぎてしまいます。そして、勉強でトップクラスに入れるでもなく、
どうしようもなく、また、一柳先生に「ピアノに戻ります。」と言う事になります。
先生は、指が動かなくなってることをかなり心配されてました。その心配は的中し、
以前のような滑らかな動きになるまで、6,7年要することになります。ですが、そのときは、
「また、すぐ、元に戻るようになる(動くようになる)。」と軽く考えていました。
「本当に動くようになるのだろうか…以前のようななめらかな動きが…」不安と言う爆弾を
抱え込みながら、高校受験、高校生活、大学受験と突き進むことになります。
高校受験が近づき、僕は、山形県立山形北高音楽科を受験することになりました。
当時のピアノの課題は、「自由曲」だったので、一柳先生から以前指導を受けていた、
ベートーヴェンのピアノソナタ第9番E-durの第3楽章を弾きました。(それほど、テクニックを
要する曲でもありませんでしたので、受験に間に合いました。)(これが、第1楽章を選んでいたら
大変なことになったでしょう。受験、落っこちたかもしれません。(笑)。)
とりあえず、高校合格しました。でも、指はあまり動かないまま(元のように滑らかにうごかない)。
この追い込まれた状態で、高校生活を送ることになります。

今だから、「どうしたら指が動くようになるか」「どうしたら、ピアノを休んでもまた元のように
指が動くようになるか」わかるのですが、結論を言えば、まず、「急にしゃかりきに
がりがり、練習を始めない」(リハビリのつもりで緩やかな動きから)。あと、練習時間は
普段の2分の1から3分の1程度から復帰して、徐々に練習時間を増やしていく。
あと、指が動かなくなってしまった「絶望感」を持たない。(また、動くようになる)くらい気軽に
考えとく。あと、僕の必殺座右の銘「急がば回れ」を肝に銘じる。
です。ちなみに、僕のピアノ教室では、指がよく動くようになるカリキュラムだったり、
脱力の為のカリキュラムだったりを豊富に扱ってます。それから、ピアノは精神作業ですので、
「指が動かない」ことへのマイナス思考に陥らない為のメンタルアドヴァイスもたくさんやります。
マイナス思考に陥ると、まず、「指が動くように」なりません。
これは、またいつかお話しましょう。…とにかく、僕は元来、不器用で、指がスムーズに動く人間では
なかったので、人一倍このことに関して苦しんできた分「どうやったら、人は指が動くようになるのか」
を熟知しています。指が廻らない、動かない、弾けない、腱鞘炎になる、指がとどかない、
などいろんな悩みをお持ちの方は、是非、うちに「試しに1回だけでも」と言う感じで
レッスンにいらしてください。
ここで、書けないのは、一人ひとり原因が違うから、活字で表せないんです。
ピアノのレッスンが活字上で全てできないのと同じです。
なにせ、「音楽は音が出るもの」であり「心を表すもの」であるので、実際の人間と音楽を
目にし、耳にしないことには、正確な判断はできません。

では、(高校生編)に続きます。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-07-25 09:22 | プロフィール | Comments(0)

ピアニスト、ピアノ教師、プロフィール(小学生編)

新しい街(山形市内、あかねヶ丘)に引越してきて、
早速、ピアノ教室探しが始まりました。
当時、ピアノ教室は、双葉町にある(現在、久保田)山形音楽教室しかなかったので、
そこに通うことになりました。
先生は、中村とき子先生で、声楽がご専門でしたが、ピアノも教えておられる
先生でした。先生は、基本に忠実でらして、楽譜の読み方の基礎に徹底的に
重きを置かれる先生でした。今でも、このやり方は間違ってないと確信しております。
西洋音楽は、楽譜を読譜する作業が一番の仕事です。リズムやメロディー、ハーモニーが
自己流だと成長に時間ばかりかかってしまい、ヨーロッパ音楽の本質を見失うことに
なります。声楽の専攻でらっしゃったので、特に伸びやかな歌うフレーズ感や、
ソルフェージュ、聴音のレッスン、また、生徒へのあたたかい接し方など、
人間味あふれる教え方は、声楽専攻ならではのものでした。

入って、2,3年の間は、タッチ(鍵盤の押し方)を重点的に直されました。
たとえ、幼稚園のころだけだったとはいえ、オルガンで勉強をしたので、
ピアノそのもののタッチが全くわからなかったんだと思います。
自分の出してる音がどんな音なのか、「捉える力もまだ、弱く」、なぜ、そこまで
注意されるのか、全くわかってませんでした。要するに「鍵盤でタッチする加減で
音に変化が起こることが、全くわからなかったんだと思います。」

ピアノ(アップライトのピアノ)も、中村先生につくとほとんど同時に買ってもらいました。
昭和52年(1975年)で30万円のKAWAIのものでした。
父が松坂屋(当時、丸久)に勤めていたので、丸久の催事で、辻楽器店のピアノ販売会があり、
そこで、買いました。当時、レッスンを続けられるかどうか、見極めがつかないのに、
30万円を出して、ピアノを購入するのは、両親にとって「大決断」だったと思います。
今思えば、もっと高いピアノで練習しとけば、もっと早く上達しただろうに…(笑)との、
思いもありますが、僕の家では、「これがベストの判断だった。」と思い返してもいます。
(僕は、欲深い子なので(笑)、我慢する力も養われました。でも、生のピアノで練習できたことは、
幸福に値すると思っています。やはり、「生」(アコースティック)は違います。音楽は(特にクラシックは
デリケートな感性を育むものだから、「生」で練習した方が、早く上達します。)
僕は、中学生になるまで、アップライトピアノ(縦型)で練習してました。
僕が、後に入ることになる、桐朋学園大学(とうほうがくえんだいがく)で、友人数人に聞いたところ、
アップライトからグランドピアノ(平型カーブ)に買い換えたのは、小学校5,6年生の頃、という答えが
圧倒的でした。みんな、その頃から、いわゆる「受験」や「専門的教育」を意識して、レッスンを受ける
覚悟を決めたことになります。だから、僕がそういう「意識」や「ピアノの買い替え」が標準的な
時期からは、多少遅れていたことになります。山形に入ってくる「情報」も少なかったですからね…
当時は、誰に相談してよいやら全くわからず、元来の「のんきな性格」もあって、
自分の将来のことなどあまり、よく考えもしないで生活をしてきました。
子供ながら、「うちでは、こんなに早くからヨーロッパ留学なんて、とても考えられない。」と一人
決め込んでいましたし。(^^ゞ

小学校4年生の時だったかなぁ…、ピアノが好きかどうかわからなくなる1回目のスランプがきました。
周りの学校の友達は、みんな、放課後、友達と遊んでいるのに、自分だけ、ピアノの練習のために
友達と遊ばないで帰ってくるのが「おかしい」と思ったんですね。友達と遊ぶことが、うらやましくも
感じました。当時としては、うちは珍しく、いわゆる1週間のうちの習い事があるのが、5、6日。
塾行ったり、書道、スポーツ教室など、ピアノ以外にも習い事をしてました。
今では、珍しくもなんともないですが、当時、そんな子は、存在しなかったのです。
少なくとも、「山形」では。
…話が逸れました。ピアノの練習ですね!毎日、練習しないで遊ぶことがどんなことだろう…、
すごく興味がありました。ピアノの先生に「とりあえず、1,2週間お休みをもらいました。
理由は告げずに。(^^ゞ」そして、遊びまくりましたが、なんか、変なんです。
毎日、練習してた…日課にしてたことが、急になくなってしまったので、物足りない気持ちとか、
さびしい気持ちとか、出てきたんです。その気持ちが、「遊ぶことの楽しさ」よりも上回っていたことに
自分で気がつきました。うちの両親は、音楽なんてちんぷんかんぷんな方なので、
ピアノを一旦休むことにしたときも、「おまえが好きにしたらいい」ってことしか言いませんでした。
これは、今でもそうです。「おまえが、好きにしたらいい。」この言葉は、僕にとって、最高の
自由で、独創的発想をする「源」になってます。と、同時に「自分の試練」でもあります。
成功しても失敗しても、全て自分の責任。自分の将来は、自分で組み立てなければなりません。
僕は、そうだなぁ…、「親が音楽をしている環境」ってうらやましいと思います。
「音楽」ってか弱いもの…だから。寄り添ってお互い励ましあって生きていけるのが「望ましい」かな。
特に、日本は「アジア」。東の最も端ですよ!!!!西の文化から、最も遠いんです。
周りから聴こえてくるのは、アジア(東方)的な色合いが最も強いハズ。ってことは、
西方的(欧米的)なものからは、最も離れているんです。…実に、こころもとない事実ではありませんか。
言葉、宗教、習慣、文化、街並み、美的感覚、気候…たぶん、表と裏くらい違ってるハズ。
やはり、親や知ってる人がヨーロッパ音楽に親しんでいる方が、精神的に本人は落ち着くでしょうね。
だから、親が子供に「音楽(今、聴こえてくる音楽はみんな西洋音楽を元にしてます。)」をさせたい
場合は、親がまず、CD聴いたり、FM聴いたり、インターネットラジオ聴いたり、YouTube聴いたりして、
子供が、抵抗なく親しめる環境を作ってあげた方が、子供は入っていきやすいでしょうね。
また、そういう雰囲気でないと、長続きを「子供だけに求める」のは、かわいそうだし、酷かな。
誰にも相談できる人がいないと「鬱ウツ」になったりしますから、要注意ですよ!!
僕も、ウツになりましたが、親の育て方が悪かった、とは思ってないですよ。
ただ、周りに音楽をしてる人がいない上に、友達を作るのが上手じゃなかった…自分の気持ちを
相手に伝えるのがヘタクソ。そんな、いろんなことが重なった結果だと思ってます。
でも、今は元気になりましたからね!!(ご心配なく)。(笑)。
また、話が逸れてしまいました。ピアノを休んでわかったことは、僕はピアノから離れたくない気持ちが
あるんだ、ということでした。それがわかったので、また、何事もなかったように、レッスンに戻り、
小学校を卒業するまで、おおらかな先生と2人3脚で、音楽を作っていました。
中学校に入って、さすがに、「こんなに呑気じゃだめだろう…」と思い、新しい先生につき、
ビシバシしごかれることになります。
d0159273_5171040.jpg

続きは、(中学生編)で。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-07-23 05:33 | プロフィール | Comments(0)

ピアニスト、ピアノ教師、のプロフィール。(始めるきっかけ編)

山形県上山市生まれ。
山形市内の慈光寺幼稚園のクラスにアップライトピアノがあり、
みんなが楽しそうに「ねこふんじゃった」などを遊んで弾いているところを
遠くから眺める毎日がしばらく続いた転入園児でした。
山形市内に来るまでは、新庄市に住んでおり、アパートのお姉さんや、
同年代の女の子一人しか知ってる人はいなかったので、
山形市に来た当初は、かなりの園児に囲まれて、人見知り状態だったと思います。
(今でも、3人以上のメンバーでの会話は苦手です。(^^ゞ2人だと割りと話せるんだけど、
それ以上になると、どういうスタンスを取ったらいいか、わからなくなってしまいます。(^^♪)
話は逸れましたが、ある日、一人の園児(大津知美さん)…のちに山形北高音楽科受験で
偶然の再会をするのですが…、に、声をかけてもらいました。それが僕の音楽人生の始まりです。

「こっち来て、みんなと一緒にピアノ弾いてみない!?弾いてみようよ!!絶対楽しいから。」

その子に連れてかれて、ピアノを目の前にしました。みんな、優しく、親切に「ねこふんじゃった」を
一生懸命僕に教えてくれました。当時(今でもたぶんそうだと思いますが、「誰が一番「ねこふんじゃった」を
速く弾けるか、同時にスタートして1位を競う」というのが流行っていました。(笑)。
教えてもらったばっかりの頃は、ビリでしたが、どんどん速くなって(爆)、とうとう一番速くなってしまいました。
(笑)。
そんな頃、山形市内にあった当時のデパート松坂屋(昔、丸久といいました。)に、僕の母親と弟と
おじいさんの3人で買い物に出かけた時、いつも、おもちゃ売り場のおもちゃの小さいグランドピアノで
遊んでいました。
おじいさん「買ってけだらいいんねがぁ!?(ピアノを)」{買ってあげたらいいんじゃないの!?}
母     「まだいつもみだいにすぐあぎっべ!?(ピアノも)」{また、いつもみたいにすぐ飽きちゃうんうじゃな
                                                           い!?}
そんなやりとりが、何度か繰り返されましたが、いつもいつも、必ずおもちゃ売り場に行くと、
その「おもちゃのグランドピアノ」を弾いていたので、結局、ある日、その「おもちゃのピアノ」は
家に買って帰ることになりました。
親や故おじいさん曰く、他のおもちゃは買うと1週間もするとすぐ飽きてしまうのに、そのピアノは
ずーっと弾いていたそうです。
そのうち、親や幼稚園の先生のやりとりで、試しに、慈光寺幼稚園の付属のオルガン教室に通い始めました。
団体レッスンでしたが、家にある「おもちゃのピアノ」で復習ができたので(笑)、置いていかれることなく、
順調に「楽譜の読み方」や「指の動かし方」などをマスターして(そんなおおげさなもんじゃないですが)(笑)、
いきました。置いていかれたり、わからなくなって困ったりしなかったので、楽しく続けられたんだと思います。

幼稚園も卒園して、小学校に上がるとき、また引っ越す(今度は山形市内で)ことになり、
今までの友達ともお別れになって、新しい街で、ピアノの先生を探すことになります。

以下、(小学生編)に続きます。
d0159273_4534184.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2010-07-22 04:57 | プロフィール | Comments(0)