ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

「はらっぱ館ティータイムコンサートVol.4」が終わり1

2015年2月8日(日)…私の地元、山形市みはらしの丘の「ミュージアムパーク内はらっぱ館」にて、

ティータイムコンサートVol.4を開催いたしました。今回は、ピアノのソロコンサートということで、

自分が感性を触発されたフラワーアーティストの写真をご紹介して、演奏いたしました。

そのフラワーアーティストは日本人で北欧(フィンランド)のスタイルを完璧にマスターされて帰ってこられた

立派な方です。アーティスティックなんだけれども森の自然の中にいるような、心が和む作品に全て

仕上がってます。「ヘンティネン クミ」さんとおっしゃいます。私も彼女の真似をして、近所の沢を上り下りし、

自然の中に身を置いて、そこから何かを吸収するようなそんな感覚でピアノの演奏の準備をしてきました。



本番は、まさにフィンランドのような雪景色で、それでも天候は良く、お客様は、立ち見が出るほどの

盛況ぶり。演奏家冥利です。

d0159273_101376.jpg


d0159273_10133710.jpg



お正月(旧正月)らしい飾りつけで皆さんをお出迎えしたのでした。

d0159273_1015388.jpg



いよいよ演奏に入りました。終演後の感想では、「音が優しい」とか、「音楽がのびのびとしている」とか、

やはり、自然に触れると演奏も変わるようですね。自分自身もピアノを弾きながら、ヘンティネンさんの

作品を一つ一つ想像しながら、また、時にはフィンランドの森やみはらしの丘の自然を思い出しながら、

自由に弾かせていただき、とても演奏後、気持ちが良かったです。

d0159273_10292213.jpg


この「はらっぱ館」という空間は「キッズルーム」を有しており、演奏も子供たちの耳に入ってきます。

私は、それがとてもうれしいのです。なぜなら、小さい子供たちが生のプロの音楽に触れられるチャンスって

あまりないじゃないですか。このスタイルでずーっと続けていきたいです。

d0159273_1034132.jpg


2へ続く。
[PR]

by shinonome-saitoh | 2015-02-10 10:34 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)
<< 「はらっぱ館ティータイムコンサ... 「はらっぱ館ティータイムコンサ... >>