ピアノ日誌「音の葉、言の葉。」(おとのは、ことのは。)

山形市女声合唱祭、その他を終えてホッと一息。

2012年10月7日(日)、午後1時から、「第34回 山形市女声合唱祭」の本番が

山形市民会館にてありました。

私がいつも伴奏させていただいている、「ポプラ合唱団」も出演しました。

ポプラ合唱団は、6番目のステージで、「琵琶湖周航の歌」作詞小口太郎 作曲小口太郎 編曲寺島尚彦、

「赤い花・白い花」作詞中林ミエ 作曲中林ミエ 編曲寺島尚彦 を歌いました。

私たちの合唱団はメンバーこそ一番少ないのですが、周りの人達の反応では、「人数の少なさを感じさせない

音量だった」とか、「ひとりひとりが、みんなちゃんと声を出した演奏だった」との感想がよく聞かれました。

私自身の伴奏も、今までの舞台の中で一番良く演奏できたんじゃないか、と思えるくらいの出来でした。

大満足です。

d0159273_1573223.jpg


ブログを見てくれているみなさん、私たちポプラ合唱団で歌いませんか!?

私たちのポプラ合唱団は、和音の響きの綺麗さを追求している、また、日本語の発音に

心を留めている合唱団です。こういった、発表の場で、いろいろな合唱団の個性を聴き比べをしてみると、

うちの合唱団では、「あっ、なるほど!!」「そういえば、そんな違いがあるな!!」と認識して

いただけるかと思います。是非、一度見学にいらっしゃってみてください。

山形市霞城公民館で毎週木曜日、夜7時から練習をしておりますので、どうぞ、気軽に立ち寄って

みてくださいね!私に問合せをしていただいてもけっこうです。メールアドレスは、

masa700705@yahoo.co.jp

です。

さて、10月10日は、山形市中央公民館で、「男のためのヨガ」が行われました。

先日のイワン・ドンチェフさんのピアノマスタークラスでは、イワンさんに、

「どんな困難なことをレッスンで表現しなければならないとしても、体を硬くしないで、

芯の強さを備えてそれをやりきるだけのパワーが必要だ、そのためにも、ヨガを実践することを

強くお勧めする。」とおっしゃっていただきました。僕には衝撃のレッスンでしたが、

あれから、ヨガに大変興味を持っていました。

ついにヨガを体験してきました。

ヨガは女性でやる方がほとんどらしいので、まずは、恥ずかしくないように男性のためのヨガ教室が

1回オンリーで開催されるということで、僕のような初めての人間にはうってつけでした。

体験すると、ヨガってちゃんとした理論があるんですね!!最初から「やってみっましょう」じゃなくて、

まずは、ホワイトボードに何枚か紙を貼り付けて、ヨガに関する知識を入れました。

(あまり時間がなかったので端折る感じでしたが、それでも、「あ〜、ちゃんと理屈があるんだなぁ」と

感心。)

それから実践へといきましたが、まずは、ヨガの入門から…ということで、いきなりあの「ヨガらしい

ポーズ」からではありませんでした。

しかし、先生のご指導がしっかりしていたため、怪我もなくしっかり体験させていただきました。

来月には僕は、ヨガ教室に通っているかもしれないです。

10月10日のうちの庭の花です。

d0159273_15361147.jpg
d0159273_15363540.jpg

[PR]

by shinonome-saitoh | 2012-10-11 15:38 | ピアノ 演奏会 発表会関連記事 | Comments(0)
<< 12月1日(土)、仙台でピアノ... 30日のあっぷる その2。 >>